【10分でストロークがうまくなる3つのテクを紹介!】どんなコードストロークのパターンでも使える手首、ピック、○○のやり方を解説

 

ギター初心者のために

【10分でストロークがうまくなる3つのテク!】

を解説します。

 

コードストロークがなかなか上手くならない!

という初心者は多いんじゃないかな。

でも大丈夫!

 

コツさえ覚えれば、誰でもすぐ上達します♪

 

しかも!

どんなコードストロークパターンでも使えます♪

どんな曲を弾くときにでも役に立ちます♪

 

そして、「なぜ10分でストロークがうまくなるのか?」

なぜなら「レッスン動画の再生時間が10分程」だから(笑)

 

視聴すれば分かりますが、うまくなる「理由」がすぐ理解できますよ。

 

という訳で、、、

ギター初心者がなかなか気がつかない

ストロークが上手くなる「3つのテク」を

今すぐ動画でチェックしよう!

 

ポイントは、

「手首」「ピック」「○○のやり方」

です!

 

「あ~なるほど!!!」って、今すぐギターを弾きたくなりますよ。

 

【10分でストロークがうまくなる3つのテク!】

 

 

一応、ギターをはじめたばかりの人のために説明すると、

「ストローク」「コードストローク」「リズムストローク」など、

言い方はいろいろありますが、意味は全部同じね。

「ストローク」というのは、コードを弾くときの「弾き方」。

 

 

【動画の復習】

コードストロークがうまくなりたい人は、

「なぜ、自分はコードストロークが上手く弾けないのか?」

の理由を知る必要があります。

 

みなさん、それぞれの理由は違うのですが、

大きく分けると「3つ」に絞られます。

 

【コードストロークが上手く弾けないよくある理由】

①「ダウン・アップ」のアップを弾く時に、弦がピックにひっかかる。

②「ピックの持ち方」や「手首の使い方」に問題がある。

③6本の弦(コードで押さえている弦)を全部綺麗に弾けていない。

 

この中の「1つ」が、あなたの理由かも知れないし、

「3つ全部」が理由かも知れません。

 

まずは、「あなたの理由がどれなのか?」を確認してください。

確認さえすれば、あとは簡単!

 

動画を何度も視聴して「あなたの問題」を解決すれば

ストロークは自然にうまくなりますよ♪

 

ストロークがうまくなれば、

リズムにのせて弾くのが簡単になるので「リズム感も良くなる」し、

リズム感が良くなると曲を弾くのが楽しくなって

ギターを弾く頻度が多くなり

結果的にギターの上達がはやくなります。

 

しかも、このテクニックは

「どんなストロークパターン」でも使えますので

全ての曲を弾く時に応用できますよ。

 

あなたが好きな曲を弾く時に利用して

かっこ良く弾けるようになってくださいね♪

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG