【Dメジャースケール】の5ポジションの覚え方を解説!【ギターソロ初心者の基礎知識】

 

 

今回は、ギター初心者が

【Dメジャースケール】

を覚える(練習する)時に、

簡単な(分かりやすい)覚え方を説明します。

 

インターネットなどでDメジャースケールを検索すると、

「ギターの指板全部に、Dメジャースケール音が大量に配列されている画像」

に出会うことがよくあります。

 

こういうのね↓

D-major

 

 

このままだと、

どこから手をつけていいか分からなくて、

数が多すぎるしイヤになるでしょ?

 

そういう時は、

この大量の配列を5つに分けると覚えやすいのです。

 

俗に言う、

「5(ファイブ)ポジション」

という覚え方ですね。

 

「5ポジションの形(指の動き方)」も、いくつかあるのですが、

今回はとりあえず一般的な形を載せておきます。

 

Dメジャースケールを覚える時の参考にして下さい。

 

 

◆Dメジャースケール・ポジション①

D-major1

 

 

◆Dメジャースケール・ポジション②(1弦と6弦の3フレットに音を追加してます)

D-major2

 

 

◆Dメジャースケール・ポジション③(3弦の6フレットに音を追加してます)

D-major3-2

 

 

◆Dメジャースケール・ポジション④

D-major4

 

 

◆Dメジャースケール・ポジション⑤(1弦、5弦、6弦の10フレットに音を追加してます)

D-major5-2

 

 

 

スケールを使った基礎練習方法は↓を参考に!

関連レッスン

  【ギタリストのための音楽理論/スケール編4】 今回が、「ギター初心者でも簡単に分かる音楽理論シリーズ」の最終回。ペンタトニックスケールの「5(ファイブ)ポジション」の[…]

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG