【ビブラート】が上手くなる【3つのコツ!】手首と○○指と△△が重要!

 

かっこいいギターソロが弾きたいですか?

 

もちろん弾きたいですよね。

 

もしかすると、かっこいいギターソロを弾くには

速弾きとか難しいテクニックが必要だと思っていませんか?

 

もし、そう思っているのであれば、

それは間違いです。

 

シンプルで簡単なソロでも

あるテクニック」を使うと

すぐに「かっこいいソロ」に早変わりします!

 

そのテクニックとは、、、

ビブラート」です!

 

「な~んだ、ビブラートか~」と思った、あなた。

ビブラートを侮ってはいけません。

 

「ビブラート1つ」で、ソロの印象はかなり変わります。

 

まったく同じソロを弾いていても、

「ビブラート」をかけるか、かけないかで

全然違うソロになります。

 

そう、同じソロでも「ビブラート」をちゃんとかけているソロは

あきらかに「何倍もかっこ良く」なります。

 

世界中のうまいギタリストは、

この「シンプルなテクニックの効果」を熟知しているので

当然、いつでも「かっこいいソロ」が弾くことができるのです。

 

【ビブラートがうまく弾ける3つのコツ】

これからレッスン動画で解説します。

 

さあ、ギターソロ初心者のみなさん!

ビブラートをマスターしてかっこいいソロを弾こう!

 

【ビブラートがうまく弾ける3つのコツ】

 

 

動画ではブルースのソロを例に話していますが、

「ビブラート」は、ブルースに限らず、

ロックのギターソロでも必須テクニックです。

 

なので、ギターソロがうまくなりたい人は

必ずビブラートをマスターしよう!

 

【ビブラート/3つのポイント!】

1.親指の第一関節をネックに引っかける。

2.「人差し指の根元」と「親指の第一関節」でかるくネックをはさむ。

3.小さいチョーキングをするイメージで「手首を使い」弦を上下に揺らす。

 

そして、「下方向へ小さいチョーキングをする」イメージで

ビブラートをかけはじめるとやりやすいです。

 

動画でも話していますが、

指だけうねうね揺らしてもビブラートはかからない

ので注意しよう!

 

ビブラートは必ず「手首を使って弦を上下に揺らす」こと!

 

ビブラートをマスターすると、

シンプルなソロフレーズでも

ワンランク上のかっこいいギターソロになります。

 

最初は、「ビブラートなし」で練習をすると

はやくソロが弾けるようになります。

 

そして、慣れてきたら

「簡単でかっこいいソロ」にビブラートをかけるだけで

あっ!という間に、もっとかっこ良くなります!

 

でも、そんな簡単に「かっこいいソロ」が弾けるなんて

信じられないですか?

 

そうですよね。気持ちはわかります。

 

それじゃ、ここまで読んでくれたあなただけに

「ソロの1つ」を無料で教えますね!

 

このページの一番下↓から無料受講できますよ♪

 

さっそく、あなたもかっこいいソロを弾いてみよう!

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG