penta

ギターの【ペンタトニックスケール】ってどういう意味?【初心者でも簡単にわかる音楽理論3/4】

blues lesson otamesi11

 

 

【ギタリストのための音楽理論/スケール編3】

 

「Cメジャースケール」と「Aマイナースケール」の違いは、なんとなく分かりましたか?

今回は、第3話【ロックな従兄弟が現る!マイナー・ペンタトニック・スケールの謎】(笑)

 

まずは、

「Aマイナー・スケール」「Aマイナー・ペンタトニック・スケール」

の違いから説明ね。

 

前回説明したように、

「Aマイナー・スケール」の音の配列は、「A-B-C-D-E-F-G-A」

 

ここまでは、大丈夫?

 

それじゃ、例え話で「Aマイナー・ペンタトニック・スケール」を、ざっくり説明してみよう(笑)

 

※動画で視聴したい方は↓こちらをどうぞ♪

 

 

 

第3話【「マイケルくん」と「モイケルくん」のロックな従兄弟が現る!】

===========================
あるところに、一卵性双子の兄弟が住んでいました。

兄の名前が「マイケルくん」で、弟の名前が「モイケルくん」。

顔も体型も瓜二つで、近所の人は、どっちが兄か弟か、さっぱり区別がつきませんでした。

でも、「マイケルくん」は明るい性格で、「モイケルくん」は暗い性格。

まったく同じ「顔」「体型」だけど、話してみるとどっちが「兄」か「弟」か、

みんなが分かるようになりました。

 

マイケルくん」は明るい性格なので、近所でおばちゃんに人気者。

近所では、「Cメジャースケール」と、あだ名で呼ばれています。

 

モイケルくん」は暗い性格だけど、ちょいワルなとこがあって、

話はブラックユーモアたっぷり、街の不良たちに人気者。

近所では、「Aマイナースケール」と、あだ名呼ばれています。

 

ある日、従兄弟の「ロッケルくん」が、双子の家に遊びにきました。

「ロッケルくん」は、最近ロックにハマっています。

ブーツに、ライダースの革ジャン、ギターを背負って、ハーレーダビッドソンに乗っている、

ちょっとやんちゃなタイプ。

「モイケルくん」の性格と、ちょっと似てるかな。

 

《ロッケル》

『よう!モイケル』

『前から思ってたんだけど、お前の話ってブラックユーモアたっぷりで面白いんだけど、ちょっと話が長いよな』

『それって、あまりロックじゃねぇよ』

 

《モイケル》

『どういうことだよ』

 

《ロッケル》

『まず、言葉が多すぎるんだよ』

『だから、Aマイナースケールって呼ばれるんだよな~』

 

《モイケル》

『何を言ってるのか、さっぱり意味がわかんないって』

 

《ロッケル》

『だから、Aマイナースケールって「A-B-C-D-E-F-G」だろ。が「7つ」もあるんだぜ。』

『それじゃ、全然ロックじゃねぇよ』

『オレだったら、音なんか「5つ」で十分だね。「A-C-D-E-G」の5つ』

『この5つの音で、ガツンと言わせてやるよ。どうだ、超ロックだろ!』

『これからは、オレのこと、5つの音のロック・スター!

《Aマイナー・ペンタトニック・スケール》って呼んでくれよな』

Aマイナー・ペンタトニック・スケールA-C-D-E-G音5つ!ベイビ~、ロックだぜ~!』

 

《モイケル》

『・・・』

===========================

 

強引すぎる例え話でしたが、、、ざっくり説明すると、こういう感じです(笑)

 

分かりましたか?

ちょっと、分かりずらいか・・・。

 

それじゃ、ここから一般的な説明ね。

 

「Aマイナースケール」の音の配列は、「A-B-C-D-E-F-G-A」でしょ。

ここから「B(2番目)」と「F(6番目)」を抜くと

A-C-D-E-G-A」になる。

これを「Aマイナー・ペンタトニック・スケール」と、音楽理論的には呼ぶのです。

 

説明が簡単すぎる?(笑) でも、これが一般的な説明なんだよね。

 

なんで、「B(2番目)」と「F(6番目)」をとるのか?というと、、、

 

昔々、頭の良い音楽家が

半音でぶつかっている音を抜いた音階って、

なんか力強い感じで、カッコ良いんじゃないか?」

と閃いた訳ですよ(笑)

 

【Aマイナー・スケール】

「A-(全音)-B-(半音)-C-(全音)-D-(全音)-E-(半音)-F-(全音)-G-(全音)-A」

ここから、半音でぶつかる「B」と「」を抜いた。

 

【Aマイナー・ペンタトニック・スケール】

A-(1音半)-C-(全音)-D-(全音)-E-(1音半)-G-(全音)-A

 

これが↓ギター指板上の音。

【Aマイナー・スケール】

A minor3

 

【Aマイナー・ペンタトニック・スケール】

A minor penta3

 

 

ちなみに、これらの話は、「西洋音楽」の音楽理論ね。

 

どういうことかというと、

「C-D-E-F-G-A-B-C(Cメジャースケール)」とか

「A-B-C-D-E-F-G-A(Aマイナースケール)」とか

「A-C-D-E-G-A(Aマイナーペンタトニックスケール)」など

の音階(音の配列)は、自然界に元々あった音階で、

昔の西洋人がいろいろ研究して、音楽理論としてつくったと言われています。

 

だから、民族音楽とか、アフリカの音楽とか、インドの音楽とかは、別の話になるからね。

興味のある人は、分厚い音楽理論書とか、音楽史とか勉強してみてください。

 

さて、ギターソロでスケールを役立たせる話に戻ると、、、

 

ロックブルースの歴史上では、

このペンタトニックスケール、

特に「Aマイナー・ペンタトニック・スケール(A-C-D-E-G-A)」

を使ったソロ・フレーズが、かな~り使われてきたのです!

(Eマイナーペンタトニックスケールも、かなり使われてるけど、その話はまた別の機会に)

 

たった「5音」のマジック!

「A-C-D-E-G」から繰り出される、音のスペクタクル!

数々の歴史的ロックの名演!

すごいですね~。

魅力的ですね~。

よおっ!Aマイナー・ペンタちゃん!あんたが大将!

 

そんな、ギタリストにとって重要な「Aマイナー・ペンタトニック・スケール」ですが

ギター初心者でも簡単に覚えられる方法があります。

 

それは、「5(ファイブ)ポジション」という覚え方なのですが、

次回の最終話では

【Aマイナーペンタトニックスケールの5ポジションの覚え方】

【ギターソロが上達する初心者におすすめの練習方法/効果的な運指トレーニング】

豪華2本立を、動画も混ぜて紹介します!

 

 

そうそう、うすうす気づいているとは思いますが、

実は「ロッケルくん」にも双子の兄弟がいて「ラッケルくん」といいます。

《ラッケルくん》のあだ名は、「Cメジャーペンタトニック・スケール」。

例え話は、もういいか(笑)

 

これが↓、Cメジャーペンタトニックスケールね。

 

【Cメジャー・スケール】

「C-(全音)-D-(全音)-E-(半音)-F-(全音)-G-(全音)-A-(全音)-B-(半音)-C」

ここから「」と「B」を抜く。

【Cメジャー・ペンタトニック・スケール】

「C-(全音)-D-(全音)-E-(1音半)-G-(全音)-A-(1音半)-C」

 

これが↓ギター指板上の音。

【Cメジャー・スケール】

C major4

【Cメジャー・ペンタトニック・スケール】

C major penta3

 

 

最終話!【Aマイナーペンタトニックスケールの5ポジションの覚え方】と

【ギターソロが上達する初心者におすすめの練習方法/効果的な運指トレーニング】

 

 

【初心者でも簡単にわかる音楽理論1/4】
ギターのスケールってどういう意味?

【初心者でも簡単にわかる音楽理論2/4】
ギターの『メジャースケール』と『マイナースケール』の違いって何?

【初心者でも簡単にわかる音楽理論3/4】
ギターの『ペンタトニックスケール』ってどういう意味?

【初心者でも簡単に分かる音楽理論4/4】
ギターの『5ポジションの覚え方』と『ソロが上達するAマイナー・ペンタトニックスケールの練習方法』を紹介!

 

 

===================================
◆アメリカで本物のブルースマンから学んだ【BLUESの弾き方】【無料】で教えます!

【ブルースギタ-初心者講座(無料動画)】に興味がある人は、今すぐココをクリック!
===================================

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>