【Bmコードの押さえ方『5種類』を完全攻略!】「超簡単な押え方」から「バレーコード」や「コードチェンジ」のコツまで解説!よく使うコード進行「Bm→F#m」もあるよ♪

 

Bmコードがムズイんですけど…
初心者が苦手なコードの1つだね。
バレーコード?セイハっていうのもムズイんです…
それじゃ、両方まとめて「初心者でも押さえられるコツ」を教えるね♪

 

ギター初心者のために

Bmコードの押さえ方

「超簡単な押さえ方」

5種類の押さえ方

バレーコード(セーハ)」のコツ

「コードチェンジ」のコツ

「指の動かし方」のコツ

を動画で徹底解説するアコギレッスンです!

 

「Bmコード」の押さえ方が5種類あれば、

どれかは弾けると思います(^^)

(1つは「超簡単」な押さえ方だよ)

 

ギター初心者の方は、

まず「簡単な押さえ方」を覚えて

好きな曲を弾いて楽しんでくださいね♪

 

ある程度「簡単な押え方」で曲を弾いて楽しんだ後、

「コードの押さえ方」に慣れてきてから

バレーコードに挑戦するのがオススメです。

 

最初からバレーコードに挑戦すると

綺麗な音が鳴らなくて挫折する可能性があるのでご注意を!

 

バレーコードを使った「コードチェンジ」のコツ

「指の動かし方」や「コード移動」のコツも

一緒に解説してますので、

この機会にバレーコードを克服してください♪

 

さあ、Bmコードを完全攻略しよう!

 

 

 

 

Bmコードが弾けました!
良かった♪
バレーコードもできました!
がんばったね♪あとは「好きな曲」を弾いて楽しんで!

 

 

歌謡曲やロックよく使うコード進行

 

動画では、

歌謡曲やロックよく使うコード進行

「Bm – F#m」のコツも解説しています。

 

この「Bm-F#m」や「F#m-Bm」のコード進行は

曲を弾く時に「本当によく使うコード進行」パターンです。

 

こういうコード進行を上手く弾くために必要なのが、

「コードチェンジ(コード移動)」

「指の動かし方」のコツなのです。

 

曲を「簡単な押さえ方」で「ダウンのみ」で弾く場合は

特に気にしなくてもいいのですが、

ストロークで「かっこ良く弾きたい!」場合は

この「2つのコツ」を知らないと上手く弾けません。

 

ストロークがうまく弾けないのは、

ほとんどの場合「コードチェンジ」「指の動かし方」がうまくできずに

「指が絡まる(指がもつれる)」のが原因なのです。

 

たぶん「そんなコツは、まだ必要ないよ」という初心者もいるかとは思いますが、

もし将来「ストロークが上手く弾けない…」という状況になったら

動画のことを思い出して「このレッスン」に戻ってきてくださいね♪

 

「Bm-F#m」や「F#m-Bm」は、いずれ出会うコード進行パターンですので

その時は「今回練習したコツ」でのりきってください♪

 

たしかに、違うコードに移動するとき「指が絡まる」ことがありました!
「指がスムーズに動く」とギターが上手く弾けるから、もっと楽しくなるよ♪
曲を弾く時に「コードチェンジ」って大事なんですね!
すごく大事だよ!はやく上達して、もっとギターを楽しんでね♪

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG