【シンコペーション】が簡単に弾ける【2つのコツ】を「ドラムビート」と「ギター」を使って分かりやすく動画で解説♪ギター初心者は必見!

 

「シンコペーション」を弾くタイミングが分からないです…
シンコーペーションはかっこ良いけど、最初は「タイミング」が少し難しいよね。コツを知りたい?
知りた~い!!!
「シンコペーション」
ヒット曲、Jポップ、ロック、ブルース、ジャズなどなど、

昔から現在まで、音楽ジャンルに関係なく

かな~り沢山使われているリズムの1つです。

 

【シンコペーション】のイメージは、、、

「リズムの変化球!」

「聴いてると簡単そうだけど、弾いてみると難しい!」

「タイミングをとるのがよくわからない!」

「でも、シンコーペーションが弾けるとカッコイイ!」

こんな感じですかね。

 

【シンコペーション】をさらっと弾けると

「ああ、このギタリストはちゃんとリズムをわかってるな~」

と周りから認識されて、

「かっこいいギターが弾ける人」になれます♪

 

でも、「シンコペーション」は、

初心者が「苦手なリズム」の1つでもあります…(涙)

 

なかなか「弾くタイミング」がつかめないんですよね…

 

なぜかというと、

【シンコペーション】のリズムというのは、

普通のストロークよりも「少し早いタイミングで弾く」イメージなので、

慣れないとタイミングをとって弾くのが難しいのです。

(実際は、1つ前の小節の「4拍目の裏」から弾きはじめます)

 

しかも、こうやって「文章」で説明されても

イマイチわからないのが「リズム」です(苦笑)

 

そもそも「リズム」を「文章」で説明されても

ぜんぜん理解できないのが普通なのです。

 

ということで、

【シンコペーションが簡単に弾けるコツ】

を「ドラムビート」と「ギター」を使って動画で解説します♪

 

 

 

 

 

このレッスン動画では、アコギで弾いていますが

「エレキギター」でも

「アコースティックギター」でも

シンコペーションの弾き方は同じです。

 

 

シンコペーション練習の「2つのコツ!」

 

1.ギターを弾く前に、必ず足やカラダでドラムビートのリズムにのる!

 

2.リズムにのった状態で、そこに「ピックを持っている腕の振り」を合わせて

レッスン動画と一緒に弾いてタイミングをつかむ!

 

 

「シンコペーション」

略して「シンコペ」と言う人も多いです。

 

バンドでリハーサルをしているときなんかに、

「Aメロは、シンコペではじまるから全員でタイミングを合わせよう!」

と言うと「リズムを知ってる人」っぽくなります(^^)

 

「バンド」で演奏するときや、

「ひとりで弾き語り」をするときでも、

シンコペーションで弾く曲は

本当に沢山あります。

 

この機会に、ぜひシンコペが弾けるように練習してください!

シンコペが弾けると、もっとギターが楽しくなりますよ♪

 

 

「シンコペ」は「足やカラダでリズムにのって弾く」とタイミングが取りやすいんですね!
そう!シンコペがリズムにうまく「はまる」と、弾いてて気持ちイイよ♪
最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG