hanataba copy

簡単に【愛をこめて花束を/Superfly】が弾けるギター初心者講座![コード有/結婚式の余興におすすめ]


 

【ギター初心者のための弾き語り講座】

今回は、結婚式の余興で歌うとかなり盛り上がる

Superfly(スーパーフライ)の名曲【愛をこめて花束を

簡単に弾き語りできる方法を動画で解説します♪

 

1曲全部を弾き語りするとちょっと長いので、、、

今回は、さくっと弾き語りをして、さくっと盛り上げられるように

「Short Version」でアレンジしてみました。

 

そしてギター初心者でも弾き語りできるように

できるだけコード進行をシンプルにして、

全てダウンストロークのみで弾けるように解説しています。

さあ、さっそく弾いてみよう!

 

 

【愛をこめて花束を/簡単に弾き語りできる方法!】

 

 

 

↓が、かっこいい弾き語りアレンジ。

【愛をこめて花束を/かっこいい弾き語りアレンジ!】

 

「かっこいい弾き語りアレンジ」は、ギター初心者には少々難しいと思うので、、、

もし、簡単にかっこ良く披露したい場合は、ひとりで弾き語りするのではなく

「ギター奏者」と「歌」の2人で演奏すると良いかもしれませんよ。

 

 

↓が、今回アレンジした「Short Version」のコード進行。

 

【イントロ】

||G   /Dm   |C   /Cm   |G   /Dm   |C   /Cm   ||

||Dsus4 D || ←ここだけ2/4拍子(1回づつ弾くとこね)

【Aメロ】

||G   /Bm   |Em /Bm |C  /Am |F /Dsus4 D |

|G   /Bm    |Em /Bm |C  /Cm  |G       /D7    ||

【Aメロ②】

||G   /Bm   |Em /Bm |C  /Am |F /Dsus4 D |

|G   /Bm    |Em /Bm |C  /Cm  |G                  ||

【Bメロ】

||CM7         |D              |Bm  /B7  |Em   /E7   |

|Am  /Bm  |C   /Bm  | Am /A7  |Dsus4 /D  ||

【Cメロ】

||G   /Bm   |Em /Bm |C     /G    |Am /Dsus4 D |

|G    /Bm   |Em /Dm |C   /Cm  |G       /D      |

【Cメロ②】

||G   /Bm   |Em /Bm |C     /G    |Am /Dsus4 D |

|G    /Bm   |Em /Dm |C   /D7   ||

【Dメロ】

||A  /C#m |F#m /C#m |D   /A     |Bm /Esus4 E |

|A     /D     |E       /C#7   |Bm /E7 |A         /B7       |

|D               |A      /Em    |D   /Dm |A        /Em       |

|D     /Dm |A                  ||

 

 

 

 

↓が各コードの押さえ方。

 

【Gコードの押さえ方】

 

【Dmコードの押さえ方】

 

【Cコードの押さえ方】

 

【Cmコードの押さえ方】※C#mは、このコードを1フレット高くする(人差し指が4フレットね)

 

【CM7コードの押さえ方】

 

【C7コードの押さえ方】※C#7は、このコードを1フレット高くする(人差し指が4フレットね)

 

【Dコードの押さえ方】

 

【Dsus4コードの押さえ方】

 

【D7コードの押さえ方】

 

【Dmコードの押さえ方】

 

【Emコードの押さえ方】

 

【E7コードの押さえ方】

 

【E7sus4】コードの押さえ方

 

【Amコードの押さえ方】

 

【A7コードの押さえ方】

 

【Bmコードの押さえ方】

 

【B7コードの押さえ方】

 

【Fコードの押さえ方】

 

【Fmコードの押さえ方】※F#mは、このコードを1フレット高くする(人差し指が2フレットね)

 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>