blues-solo

ブルースギター初心者レッスン!【定番のソロフレーズ】のアドリブでかっこいい弾き方は知ってる?

 

 

ブルースギター初心者のために

定番のソロフレーズ】をアドリブでかっこよく弾く方法を解説します!

 

今の時代、Youtube動画やインターネットで

「ブルースのソロフレーズ」は

沢山おぼえることが出来ると思います。

 

ほんと、便利な時代になりましたね~。

 

でも、実際にライブ演奏するときに、

「そのソロフレーズ」を

どうやってアドリブの中でかっこよく弾けばいいのか?

がわからない人も多いんじゃないかな?

 

そんな人のために、定番のソロフレーズを使って

かっこいいアドリブソロを弾くコツやアイデアを紹介します。

 

【定番のソロフレーズをアドリブでかっこよく弾く方法】

 

今回紹介した「ソロフレーズ」は

ブルースの定番というか

王道のブルースソロフレーズです。

 

Buddy Guy(バディガイ)
Albert King(アルバートキング)
Stevie Ray Vaughan(スティーヴィーレイヴォーン)
Eric Clapton(エリッククラプトン)

などなど、数えるときりが無いほど

今まで数多くのブルースマンが弾いています。

 

でも、「ソロフレーズ」だけ覚えてもあまり意味がありません!

 

どうやってアドリブで「ソロフレーズ」をかっこよく弾くか?

が一番重要!!

 

なぜか?

 

動画でも話しましたが

ブルースのソロフレーズは基本的にシンプルなものが多いのです。

なので、誰でも簡単に弾けるといえば弾けます。

しかし、ライブで観客の心をつかむくらい

かっこよく弾くのは難しいんですね~。

 

という訳で、動画で解説した

「アドリブでソロフレーズを弾くための練習方法」

「ソロフレーズを中心にアドリブを組み立てるアイデア」

を参考にして、あなた好みのアドリブソロが弾けるようになってくださいね。

 

 

※動画では「KEY-A」のブルースで↓のスケールを使って弾いています。

他のKEYの時は、スケールを変えて弾いてください。

 

・定番ソロフレーズを弾いたスケールのポジション
(Aマイナーペンタトニックスケール)

Am penta3

 

・定番ソロフレーズをアドリブで弾く練習でつかったスケールのポジション
(Aマイナーペンタトニックスケール)

Am penta3-1

 

・定番ソロフレーズを中心にアドリブソロを組み立てた時につかったスケールのポジション
(Aブルーススケール。他にもコードトーンとかAメジャーペンタも使っています)

A blues scale

 

ブルース好きのみなさん

かっこいいソロを弾けるようになってね!!

 

ブルースの弾き方にもっと興味がある人は

↓も役立ちますよ。

【ブルース関連の無料レッスン】

 

===================================
◆アメリカで本物のブルースマンから学んだ【BLUESの弾き方】【無料】で教えます!

【ブルースギタ-初心者講座(無料動画)】は、今すぐココをクリック!
===================================

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>