【E7コードの押さえ方】を【3種類】知っていると、かっこいいブルースが弾ける!!

 

ブルースギター初心者講座!

 

あなたは、

E7コードの押さえ方を何種類知ってますか?

A7コードの押さえ方を何種類知ってますか?

 

1種類しか知らない、、、

3種類知ってる!

10種類知ってる!!!

などなど、さまざまだと思います。

 

コードの押さえ方を1種類しか知らないのであれば、

せめて3種類くらい覚えておきましょう。

 

なぜなら、Key-Eのブルースを弾く時に、

E7の押さえ方3種類くらい覚えておくと、

ギター指板上の3ヶ所でE7コードを弾きながらソロも弾けるので

単純に、かっこ良いソロが簡単に弾けます♪

 

これは、ギターソロのちょっとしたテクニック。

 

アドリブソロのアイデアにも使えるので、実践でも役立ちますよ!

 

 

【E7コードの押さえ方を3種類知ってると、かっこいいブルースが弾ける!】

 

 

 

↓が動画で弾いた「E7コード」の押さえ方3種類。

E7-4 E7-3 E7-12

 

動画では「12小節の3コード・ブルース」で説明しましたが

このソロの弾き方は、ブルース以外のロックやジャズにも応用できる

アイデアです。

 

単純に「3コードのブルース」が

「6つのコードで弾くロックの曲」とか

「9つコードで弾くジャズの曲」などに代わるだけね。

 

なので、各コードの押さえ方を3種類づつ覚えておくと、

ロックの場合は「6コード×3種類=18ヶ所でコードとソロが弾ける!」

ジャズの場合は「9コード×3種類=27ヶ所でコードとソロが弾ける!」

となるわけです。

 

ソロを弾くためのシンプルなアイデアですが、

応用するとかなり使えるので

ぜひ覚えておこう!

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG