スティーヴィーレイヴォーンから学ぶ【かっこいいバッキング(リフ+ブラッシング+ソロ)】Cold Shotの弾き方!【ブルースロックギターレッスン】

 

Cold Shotは「3コードブルースの変形型」なのですが、

なんといってもバッキングがカッコイイ!!

 

そこで、スティーヴィーレイヴォーンから

【かっこいいバッキング(リフ+ブラッシング+ソロ)の弾き方】

を学んでみよう♪

 

 

 

 

Cold Shotのコード進行

 

【イントロ】

|A7          |A7          |A7          |A7          |

|A7          |A7          |A7          |A7          |

※シンコペーション弾く

【Aメロ】

|A7          |A7          |A7          |A7          |

|A7          |A7          |A7          |A7          |

|D7          |D7          |A7          |A7          |

|D7          |D7          |E7          |A7          |

|A7          |

 

※弾き方は動画を参考にしてください。

※歌に合わせてシンコペーションを「入れなかったり」「入れたり」しながらリフを弾く。

※ギターソロは「↑のコード進行」で弾いたり、「普通のブルース12小節進行」で弾いたりできます。

お好みでどちらか選んで弾いてください。

(レイヴォーンは両方まぜてインプロでソロを弾いてます/Aマイナーペンタなど)

 

 

練習のポイント!

 

なんといっても【ミュート】が大切!

 

シンプルなリフなのですが、

そこに「いくつかのテクニック(ミュートとブラッシング)」を組み合わせるだけsw

かっこ良い演奏になります。

 

この方法はCold Shotに限らず、

どのジャンルの曲を弾く場合でも応用できるシンプルな方法です。

 

特に【ミュート】を使いこなせるようになると

ギターソロも確実に上達しますよ!

 

というか、バッキングやソロなど全体的にギターの音が綺麗になりますのでオススメです。

 

まずは、動画と一緒に弾いて練習してくださいね♪

 

それに慣れたら

「あなたの知っている音楽知識(スケールなど)」をバッキングに組み合わせて、

ソロも一緒に弾いて遊んでください。

 

バッキングとソロを一緒に弾くコツは、

①【ミュート】
②【ソロをリズムにのせる】

ことです。

 

ソロの音数を増やしていろいろ弾こうとすると、

バッキングに戻ってこれなくなったり、

リズムを見失ったりするので気をつけてくださいね。

 

こういう「ギター遊び」に慣れてくると

上達がはやくなります♪

 

なにより弾いていて楽しいのでオススメの練習方法です。

>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG