たった【1つのテク】を覚えるだけ!かっこいいアドリブソロが弾ける方法!

 

 

ギターが少し弾けるようになってくると

【アドリブ・ソロ】を弾いてみたくなりますよね~。

 

たぶん、ネットやYouTubeでいろいろ調べて

ブルースでソロを弾く時には

「マイナーペンタトニックスケールで弾くべし!」

というのを知ってる人は多いと思います。

 

そして、YouTubeなんかでバッキングトラックを探して

バッキングトラックに合わせてマイナーペンタトニックスケールを弾き

「おおっ!ソロっぽく弾けてる!!」

と楽しんだことが1度はあるでしょう。

 

最初は、すごく楽しいですよね♪

それで、良いんです。

 

そうやって、「マイナーペンタ」でソロを弾いて遊んでいると

自然に「マイナーペンタのポジション」を覚えられますし

「ソロを弾く感覚」をカラダで感じられますので、

アドリブソロを弾く良い練習になります。

 

でも、しばらく「マイナーペンタだけ」でソロを弾いていると

「同じようなフレーズ」ばっかり弾いている自分に気づいたり、

「マイナーペンタ」をだらだらと弾いて、

かっこ良くソロが弾けないと悩んでいる人も多いんじゃないかな?

 

これって、ブルースギター初心者が感じる

「マイナーペンタあるある」です(笑)

 

そして、誰もが通る道です。

もちろん、わたしも昔通りました(笑)

 

という訳で、

ブルースギター初心者のために

「マイナーペンタトニックスケール」で

かっこいいアドリブソロを弾くための

たった【1つのテク】を紹介します。

 

さっそく、かっこいいアドリブソロを弾いてみよう!

 

 

 

このテクニックは、シンプルですが

すごーーーーーーーーーく、大切です!

 

【1番のポイント】は

「コード進行」をちゃんと聴きながら

「ルート音」を意識して

ソロを弾く! 

 

この「たった1つのテク」さえ

しっかり習得すれば

コード感のある「かっこいいアドリブソロ」が

簡単に弾けるようになります。

 

そして、何より「このテク」を応用すると

コード感があり、

ソロフレーズのバリエーションも豊富な

もっと「かっこいいアドリブソロ」が弾けるようになります。

 

どうやって応用するのか

知りたいですか?

 

それでは、全部説明すると長くなるので、、、

簡単にさわりだけ教えます。

 

今回の動画では

各コードの「ルート音」を、「コード進行」に合わせて弾きました。

 

Keyが「E」で説明したので、

「E7、A7、B7コード」ルート音

「E、A、B」でしたね。

Em penta1

 

でも、コードの構成音というのは

「ルート音」だけではありません。

 

例えば、「E7コード」の場合

「1度(ルート音のE)、3度(G#)、5度(B)、♭7度(D)」

の4つの音で構成されています。

 

ということは、

コード進行の「E7」のところで

これらの4つの音(E、G#、B、D)を混ぜて弾くと

コード感があるソロフレーズが、もっとたくさん弾けます。

 

考えてみると当たり前なのですが、

「コードの構成」を選んで弾くので

「コード感があるソロ」になります。

 

同じように

「A7とB7コードの構成音」も混ぜて弾くと

もっとフレーズがたくさん弾けて

結果的にアドリブソロはかっこ良くなります。

 

 

理屈(理論)は、なんとなくわかると思いますが、

では、実際にどうやって「コードの構成音」を「マイナーペンタ」に混ぜて

ソロフレーズをつくったり

アドリブソロを弾けばいいのか?

 

 

今説明したことは、

ソロを弾くための基本的な音楽理論なので、

どこかで聞いたことがあるかもしれません。

 

でも、ほとんどは理論だけを説明していたり、

フレーズを1~2つ紹介するだけで、

実際にどうやってアドリブソロに応用して弾くのか

わかりずらいことが多いです。

 

なので、「音楽理論」と「実際の弾き方(応用方法)」を

わかりやすく同時に学べるように

↓の順番でいろんな角度から解説することにしました。

 

1.まずは、このテクニックを使った「12小節ソロの弾き方」を

TAB譜と動画で解説する(2種類の違うタイプの12小節ソロを紹介)

 ↓

2.次に「12小節ソロ」に含まれている「8種類のソロフレーズ」を

動画で解説する。

 ↓

3.「12小節ソロ」をタイミングよく弾くためのコツを、

ドラムとバッキングトラックを使って動画で解説する。

 ↓

4.「スケール表」と「コードアルペジオ表」を使って、

「12小節ソロ」をどうやってつくったのか「音楽理論をギターで解説」する。

 ↓

5.「スケール表」と「コードアルペジオ表」を使って学んだ音楽理論を

どういう風に応用してアドリブソロを弾くのかを解説し、

実際に何パターンかアドリブソロを弾いて動画で解説する。

 

 

この順番で学ぶ事によって、

「アドリブソロの弾き方」が体系的に理解できます。

 

 

もっと詳しく知りたいですか?

 

 

かっこいいアドリブソロが弾きたい方は↓をクリックしてください!

BLUESギターオンラインレッスン!

◆アドリブソロへの道◆ メジャーペンタ&コードトーン編 ◆ご購入方法 ステップ1:ここをクリックして【無料の会員登録】を…

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG