【横浜ホンキートンクブルース/松田優作】コード進行、アルペジオやオブリの弾き方、ジャズっぽい弾き方を解説!(昭和の名曲ギター講座)

 

昭和の名優「松田優作」ってカッコイイですよね~
松田優作が歌っている「横浜ホンキートンクブルース」もカッコイイよ♪弾いてみる?
弾いてみたいで~す!

 

昭和の名曲が好きな人のために、

【横浜ホンキートンクブルース/松田優作】

「コードの押さえ方」
「コード進行」
「アルペジオの弾き方」
「かっこいいアルペジオ+オブリの弾き方」
「ジャズっぽい弾き方」

を動画で解説します!

 

松田優作といえば、

言わずと知れた昭和の伝説の俳優。

 

そして、松田優作が歌っている「横浜ホンキートンクブルース」は

昭和の名曲の1つですよね~。

 

昭和世代には懐かしいと思いますので、

コード進行と弾き方をおぼえて

大人のブルース弾き語りを楽しんでください♪

 

【横浜ホンキートンクブルースの弾き方解説】

 

 

「横浜ホンキートンクブルース」のコード進行

 

【Aメロ】

||C                  |E7        |Am     |C   /C7  |

|F  /F#dim7|C   /A   |D7       |G          ||

【Bメロ】

||C                  |E7        |Am     |C   /C7  |

|F  /F#dim7|C   /A   |D7 /G |C   /G   ||

 

※イントロを弾きたい場合は、

1番簡単なのは「Bメロ」を1回弾いてイントロにすると簡単です。

あとは、オリジナルをがんばって耳コピしたり、各々アレンジしてください。

 

 

【練習のポイント】

1.リズムは「12/8拍子」

「12/8拍子」は、「123、123、123、123」と弾くリズムです。

※ドラムマシーンで練習するときは、動画で使ったドラムビートアプリみたいに

「6/8拍子」って表示されているのもあります。

正確には違うけど、練習するだけならどっちのリズムでも大丈夫。

 

↓練習のお供にどうぞ!

関連記事

  ギターのリズム練習に使える、おすすめのスマホ用「ドラムマシーンの無料アプリ」を紹介します。 メトロノームに飽きたら、ドラムマシーンのリズムに合わせて遊んでみよ[…]

 

2.まずはストロークを練習しながらリズムを覚えて、

慣れてきたらアルペジオを練習する。

 

アルペジオとオブリ(短いソロ)を一緒に弾くのは、初心者には少し難しいです。

難しくても弾きたい場合は、動画を観ながらがんばって耳コピするか、

近所のギター教室で教えてもらってください。

 

たぶん、リズムさえ分かれば「4ビートでジャズっぽく弾く」のが、

簡単でかっこ良く弾き語りができると思いますよ♪

 

3.なかなか上手く弾けない時は「なんじゃこりゃぁぁ~!」と叫んでみる(笑)

 

 

 

なんじゃこりゃぁぁ~!
まずは「ダウンのみ」で弾くと簡単ですよ。ギターは楽しく♪

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG