バッキングで【ブリッジミュート】はどうするのが正解か?

 

 

「ブリッジミュート」は知っていますか?

 

もちろん、ギタリストなら知ってますよね。

 

ピックを持っている右手首の少し上(手のひら側)の

ぷにょぷにょしている「ネコの肉球」みたいなところを、

ギターの「ブリッジ部分」に軽くあてて弾き

キラキラした音色(ギターのトーン)を抑えるテクニックです。

(この説明でわかったあなたはすごい!笑)

 

 

では、

「ブリッジミュートをどういう風に使いわけるのが正解か?」

は知っていますか?

 

 

 

「・・・」

 

「ブリッジミュートって、パワーコードで弾く時に

ディストーションでギターの音を歪ませて

ズンズン・ズンズンって弾くやつでしょ!?」

 

「えっ、ブリッジミュートってソロで使うテクニックでしょ!?」

 

「曲のリフでアーティストがブリッジミュートを使って弾いているから

ブリッジミュートで弾くのが当たり前だと思っていた・・・」

などなど。

 

いろんな意見があると思いますが、

「ブリッジミュートをどういう風に使いわけるのが正解」なのか

イマイチよくわからない人も多いんじゃないでしょうか?

 

という訳で、今回はギター初心者のために

ブルースのバッキングを例にして、

「ブリッジミュートはどうするのが正解か?」

を解説します!

 

言葉で説明されてもわかりずらいと思いますので、

さっそく↓動画を視聴してみよう♪

 

【ブルースのバッキングで、ブリッジミュートはどうするのが正解か?】

 

 

ギタリストならば、

ブルースに限らず、ロック系の曲などでバッキングを弾く時に

「ブリッジミュートって、どうすればいいんだろう」

と悩んだことは1度はあるはず。

 

今回は、そのヒントとなる

「ブリッジミュートの使い方」

について話しました。

 

ブリッジミュートはシンプルなテクニックですが、

使いこなせると、ギター演奏の表現力がアップします。

 

そして、いろんなニュアンスの音色で弾けるようになります。

 

すなわち、かっこいいギターが弾けるようになります♪

 

あなたにとって、ブリッジミュートは

今すぐ必要ではないテクニックかもしれませんが、

今後、必ずと言っていいほど必要になるテクニックなので、

ぜひ使い分けられるように練習してくださいね!

 

 

 

PR
>◆会員オンラインレッスンの特徴

◆会員オンラインレッスンの特徴

《1》現在「合計2,207分/276本」の限定レッスン動画が
【月額1,480円】で受講し放題です!
(随時、新しいレッスンが追加されます)

※Netflix/ネットフリックスの「レッスン版」みたいなイメージです。

《2》各レッスン毎に「解説動画」「練習用動画」「模範演奏」「音楽理論」「アドリブ応用法」「バッキングトラック」が順番に並んでいます。
楽しく順番通りに練習するだけで、簡単に上達するプログラムです♪

《3》毎月「会員限定の生配信レッスン」があります。
分からないところを質問できるのが嬉しい♪

CTR IMG