ヒット曲でよく使われる【カノンのコード進行】を「ボサノバ・ジャズ」にアレンジしてジャムセッションする方法!

【カノン進行】で遊んでみよう!

 

今回は、ギターの遊び方!

 

パッヘルベルの『カノン』をボサノバ・ジャズ風にアレンジして

ジャムセッションする方法です。

 

知っている人もいるかと思いますが、

私がいつもライブでインプロ演奏して(即興でアドリブ・ソロを弾いて)

遊んでいるアレンジです(^^)

 

『カノン』は、もともと昔々のクラシックの曲だけど、

ギタリストにとって「カノンロック」の方が親しみがあるかな。

 

このカノンのコード進行ですが、俗に「カノン進行」と呼ばれ

非常に心地よく響く、安定感のあるコード進行でなので、

今まで多くの歌謡曲で用いられています。(ヒット曲や名曲にも、かなり使われている)

 

なので、既にマンネリ化しているコード進行とも言われているのですが、

個人的な意見としては、心地良いものは心地イイのだから好きです。

(でも、作曲をしたい人は、使い過ぎに注意した方が良いかもね)

 

カノン進行とは?

 

これが↓カノン進行。

D-A-Bm-F#m-G-D-G-A(このコード進行を繰り返す)

 

もっと詳しく分析すると↓これ

「I-V-VIm-IIIm-IV-I-IV-V」のコード進行。

 

=======================
※簡単に説明すると、こういう意味ね

ド-レ-ミ-ファ-ソ-ラ-シ

C-D-E-F-G-A-B

I-Ⅱ-Ⅲ- IV-V-VI-Ⅶ

 

・これをコードにすると↓

I-Ⅱm-Ⅲm- IV-V(7)-VIm-Ⅶm(♭5)

 

・と言う訳で↓

C-Dm-Em-F-G(7)-Am-Bm(♭5)

 

・KeyをDにすると↓

D-Em-F#m-G-A(7)-Bm-C#m(♭5)
=======================

 

このカノン進行を「ボサノバ・ジャズ風」に勝手にアレンジしてみると

「D-A-Bm-F#m-G-D-G-A」のカノン進行は、

「D-A-Bm-F#m-G-D-Em7/G-A」というコード進行ともとれるので

ここにジャズっぽくセブンスなんかを加えると

「DM7-AM7-Bm7-F#m7-GM7-DM7-Em7-A7(13)」

になります。

 

ボサノバ風カノン進行

これをボサノバっぽく、各コードの「ルート音」と「5度の音」を交互に弾くと

 

||:DM7 /DM7onA |AM7 /AM7onE |Bm7 /Bm7onF#|F#m7 /F#m7onC#|

|GM7  /GM7onD  |DM7 /DM7onA|Em7 /Em7onB   |A7(13)                     :||

 

というコード進行になります。

(これが動画で弾いているコード進行です)

 

※「DM7onA」などは分数コードで、ベース音をAにしてDM7を弾くっていうこと。

「DM7/A」と同じ意味。

 

そして演奏すると↓こうなります。

 

カノンをボサノバ・ジャズ風にアレンジして遊ぶ(解説動画)

【ギターの遊び方】ヒット曲でも使われているカノンのコード進行を、ボサノバ・ジャズ風にアレンジしてジャムセッションしてみた!

 

 

ちなみに、このカノン進行で、ギターでアドリブ・ソロを弾きたい場合は

「Dメジャースケール」「各コードのコードトーン」なんかを使えば弾けます。

 

繰り返し最後の「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ」(Em7-A7(13)-DM7のところ)を意識して

フレーズなんかを入れると少しジャズっぽくなるよ。

 

↓こういう感じ(古い動画なので、画質が悪くてごめんね)

Japanese BLUES-ROCK/ Pachelbel's CANON - Guitar & Piano Amazing Improvisation

 

 

 

【かっこいいギターソロの弾き方】に興味ありますか?
お任せください。『簡単ステップ式』だから、すぐ弾けます♪
JOYMUギタースクール

会員限定オンラインレッスンのログインページ…

最新情報をチェックしよう!