ブルースギター講座/初級編!簡単に【コード】【ソロ】【バッキング】が弾ける練習方法(Caldonia編)

 

 

【ブルースギター講座/初級編!】

 

3コードの一般的な12小節ブルースで使える、

①ブルースでかなり使うセブンス・コードの押さえ方

 ②シャッフルでのコード・カッティングの弾き方

③よくあるパターンのベース・バッキングの弾き方

ソロ・フレーズ(24小節分)の弾き方

を、初心者でも分かりやすいようにできるだけ簡単に解説します。

 

今回は↓ブルースの名曲

「Caldonia(Muddy Watersバージョン」を参考にして、

いろいろなブルースギターの弾き方を説明します。

 

 

 

コチラ↓が①~④までの弾き方を解説している「ブルースギター初心者講座」

 

【ブルースギター初心者講座/簡単にコード、ソロフレーズ、バッキングが弾ける練習方法】

 

 

 

ここからは、補足の説明。

 

【Caldonia】のコード進行

(Muddy Watersバージョン/Key=G)

 

||G7     |G7     |G7     |G7     |

|C7       |C7     |G7     |G7     |

|D7       |C7     |G7     |D7    ||

 

これは、ブルースのよくあるコード進行で、

この12小節を何回も繰り返して演奏します。

 

「Key Gのブルースで、ジャムろう♪」と言われたら、

このコード進行か「2小節目のG7がC7に変更したタイプ」が多いかな。

 

ちなみに、動画で解説した弾き方は、

かなり応用できる

ので覚えて損はないですよ。

 

ある程度のギター経験者は、

ルート音を変更させれば「全てのKeyのブルース」で応用できる

ので参考にしてください。

 

 

①ブルースでかなり使うセブンス・コードの押さえ方

これらは、「5弦ルートのG7、C7、D7」です。

押さえ方は、動画で説明したように「指の形は全部一緒」。

ルート音(5弦の音ね)を変更(移動)するだけでOKなので、

歌やソロのバックで弾く時なんかに使えますよ。

 

 

②シャッフルでのコード・カッティングの弾き方

これも、よくあるパターンの弾き方です。

空ピッキングやミュートをうまく入れて、右手の振りを止めずに弾くのがコツね。

 

 

③よくあるパターンのベース・バッキングの弾き方

このベース・バッキングも、聴いたことあるでしょ?

G7、C7、D7のコードトーンをメインに弾いています。

(各コードの1度、3度、5度、6度、♭7度の音ね)

 

ギターでも、ベースでも、両方使えるバッキング・パターンなので覚えておくと便利ですよ。

 

↓を順番に弾くと12小節分になります。

【G7】
6弦3フレット→5弦2フレット→5弦5フレット→4弦2フレット(ここまでで1小節分)

4弦3フレット→4弦2フレット→5弦5フレット→5弦2フレット(全部弾くと2小節分)

×2回

【C7】
5弦3フレット→4弦2フレット→4弦5フレット→3弦2フレット(ここまでで1小節分)

3弦3フレット→3弦2フレット→4弦5フレット→4弦2フレット(全部弾くと2小節分)

【G7】
6弦3フレット→5弦2フレット→5弦5フレット→4弦2フレット(ここまでで1小節分)

4弦3フレット→4弦2フレット→5弦5フレット→5弦2フレット(全部弾くと2小節分)

【D7】
5弦5フレット→6弦2フレット→6弦5フレット→5弦2フレット

【C7】
5弦3フレット→6弦0フレット(開放)→6弦3フレット→5弦0フレット(開放)

【G7】
6弦3フレット→5弦2フレット→5弦3フレット→5弦4フレット

【D7】
5弦5フレット→5弦3フレット→5弦5フレット→5弦5フレット

 

 

④ソロフレーズ(24小節分)の弾き方

このソロフレーズは、このページ1番上の「Muddy Watersのライブ動画」で、

ハーモニカがイントロで弾いているソロフレーズを

ギターで弾けるようにアレンジしたソロフレーズです。

 

ソロフレーズ1

↓の順番で弾く。

4弦5f→4弦5f→3弦4f→2弦3f

4弦5f→4弦5f→3弦4f→2弦3f

3弦5f→3弦4f→4弦5f→4弦5f→4弦5f

3弦3f→3弦4f

ここまで全部が1つのフレーズ(まとまり)なので、

これを3回繰り返せば12小節分になります。

 

※最初の音を弾くタイミング

カウント「1、2、3、4」の「1、2、3」の後に「4弦5f→4弦5f」を弾く。

(「1、2、3、4」の「4」のタイミングが「4弦5f→4弦5f」になる)

「最初の音を弾くタイミング」と「リズムにのせて弾く」のが難しいので注意してね。

 

ソロフレーズ2

弾くタイミングはそんなに難しくないので、動画で説明している通りに弾けばOK!

運指(弦を押える指の順番)も、動画と同じにするのがポイントね。
(運指を変更すると、たぶん指が絡まって弾きにくいよ)

 

 

【まとめ】

①~④の、1つひとつは簡単に弾けると思いますが、

「シャッフルのリズムに、タイミングを合わせて弾く」

となると慣れるまで少し時間がかかります。

 

最初はゆっくりで良いので、身体でリズムにノッて弾けるように練習してくださいね。

 

「Caldonia」「TAB譜」「アドリブソロの弾き方」など

もっと詳しい解説は↓こちらです♪

BLUESギターオンラインレッスン!

◆アドリブソロへの道1巻◆ メジャーペンタ&コードトーン編(初級) たった【1つの音】を【半音ずらす】だけで【コード感を…

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG