shimanchu

ギター初心者講座【島人ぬ宝/BEGIN】簡単コード進行、かっこいいイントロ、アルペジオ、ストロークの弾き方、弾き語りを解説!


blues lesson otamesi11
 

 

アコースティックギター初心者のために

【島人ぬ宝/BEGIN】

を動画で解説するアコギ講座です!

 

1.簡単な弾き方
2.かっこいいアルペジオの弾き方
3.かっこいいイントロの弾き方
4.かっこいいストロークの弾き方

をそれぞれ解説していますので、

あなたのレベルにあった弾き方を練習してください。

 

それと、カポを使って簡単なコード進行にしていますので

まずはどれかの弾き方をおぼえて弾き語りを楽しんでくださいね♪

 

 

【島人ぬ宝】のコード進行

【イントロ】

||C  /G  |F     |C  /G  |F     ||

【Aメロ】

||C  /G  |F  /C  |F  /C A|Dm  /  G|

|C  /G  |F  /C  |F  /C A|Dm G/  C||

【Bメロ】

||G  /Am |F  /C  |G  /Am |F     |

|F     ||

【サビ】

||C  /G  |Am /F  |C  /G  |F     |

|F  /Dm |G  /F  ||F   ||←最後のFは2拍だけ弾く

 

 

「島人ぬ宝」はカポを使うとコード進行が簡単になります。

ということは、つまり

初心者でも簡単に弾けます♪

 

ダウンのみで弾けば簡単に弾き語りもできます。

 

そして逆に、簡単に弾けるということはいろんなアレンジが出来るということ。

 

動画で解説したように、

イントロをかっこ良くアレンジしたり

しっとりアルペジオで弾いたり

ストロークを組み合わせて

盛り上げて弾くこともできます♪

 

たぶん、ギター経験者であればコード進行が簡単だと

すぐ『何となく弾ける』と思います。

 

でも、ポイントはそこではなく

「どういう風に弾くか?」を考えて弾くことです。

 

どういうアレンジで弾けるのか?
考えて弾く。

 

そこがギタリストの腕の見せ所というか

音楽の面白いところでもあります。

 

そうやって「考えながら弾くこと」を

習慣にすると上達がはやくなります。

 

私がブルース好きなことを知っている人は多いと思いますが、

「なぜ好きなのか」を知っている人は少ないと思います。

 

もちろん、一般的にブルースと呼ばれている音楽は好きなのですが

それは表面的な部分です。

もっと深い部分が好きなのです。

 

それは、シンプルということは

いろんな「弾き方」を試した後に

そのアイデアを他の曲にすぐ応用できる

という本質があるからです。

 

例えば、

・「島人ぬ宝」をダウンのみで弾く。
・「ブルース」を簡単なバッキングで弾く。

このアイデアは同じです。

 

・「島人ぬ宝」のイントロで、メロディーとコードを同時に弾く。

・「ブルース」で、バッキングとソロを同時に弾く。

このアイデアも同じです。

 

・「島人ぬ宝」のイントロからサビにかけて少しずつ盛り上げて弾く。

・「ブルース」で最初はバッキングだけで弾き

少しずつコードやオブリを加えて盛り上げて弾く。

このアイデアも同じです。

 

簡単に説明しましたが、

表面上の弾き方やコード進行は全然違くても

深い部分のアイデアは同じということです。

表面上のテクニックを覚えるだけじゃなくて

1つのテクニックやアレンジを覚えた後に

「どうすれば他の曲で応用できるか?」

を少しずつ考える癖をつけると

どんな曲でもかっこ良く弾けるようになりますよ。

 

ちょっと難しい話になりましたね(苦笑)

 

まあ、こういう風に考えてギターを弾くと

今までと違う景色が見えてくるということです(^^)

 

 

===================================
◆ロックやジャズのルーツ『BLUES』で
リズム感あるかっこいいギター簡単弾ける方法
に興味ありますか?

【期間限定】【無料】公開中!

詳細は↓を今すぐクリック!
blues lesson otamesi6

楽器店やア○ゾンで3980円で販売されている
「DVD付きブルース教則本」くらいの内容です。
===================================

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>