ジミヘンのブルース【Red House】「イントロのフレーズ」を深掘りしながら「アドリブソロで弾く方法」を解説!(TAB付)

Red House/ジミ・ヘンドリックス

今回は、
ジミ・ヘンドリックスのブルース
【Red House】の深掘り解説です♪

 

1.「イントロ・フレーズ」の弾き方(TAB付)
2.「アドリブソロで弾く方法」
を順番に解説します。

 

フレーズを覚えるだけではもったいないので、
アドリブソロで弾けるように練習してみよう♪

 

※ジミヘンと同じ「半音下げチューニング」で解説しています。

 

 

Red House/イントロの弾き方(解説動画)

ジミヘンのブルース【Red House】「イントロのフレーズ」を深掘りしながら「アドリブソロで弾く方法」を解説します(TAB付)【ギター初心者レッスン】

 

 

Red Houseのコード進行

|B7    |E7    |B7    |B7    |
|E7    |E7    |B7    |B7    |
|F#7 |E7    |B7    |F#7 |

 

※この12小節を繰り返し

 

 

練習のポイント!

 

【1】最初のフレーズは「B7のコード(転回系)」なので、
「アルペジオのように注意深く1本1本弾く」というよりは
「他の弦に触ってもOK(2本の弦を弾いてもOK))」というイメージで弾く
かっこ良く弾けます。
(どこを弾いてもB7コードの音なので)

 

慣れてきたら「B7のコード自体」に「ビブラート」をかけると、
さらにかっこ良くなるので試してみよう!

 

そして、3連符フレーズは「ピッキングが裏返る」ので注意しよう!
(最初はダウンから1、2、3。次はアップから1、2、3になる)

 

 

ちなみに、このフレーズは
昔からブルースで使われているフレーズです。
↓ブルースでの使用例:
JOYMUギタースクール

トラディショナル12小節ソロ/コードトーン系/アドリブ弾き方(初級/Lv.3)…

 

 

【2】次の単音フレーズは
「Bマイナーペンタ」をメインに弾いています。
「ピッキングの強弱」をつけて弾くと「かっこ良く弾ける」ので
慣れてきたら「強弱」を意識しながら弾いてみよう!

 

 

応用する時のポイント!

 

Red Houseのイントロフレーズは
コード進行でいうと
最初の4小節(|B7 |E7 |B7 |B7 |)で弾いています。

 

なので、
「Keyを変更してアドリブソロで使う場合」や
「ブルースのジャムセッションで弾く場合」は
12小節コード進行の「最初の4小節」に当てはめて弾くと
かっこ良くフレーズを使えますよ♪

 

動画では、「Key-Aのスローブルース」で応用して弾いています。
↓こちら
スローブルース(Key-A)のコード進行
|A7    |D7    |A7    |A7    |
|D7    |D7    |A7    |A7    |
|E7    |D7    |A7    |E7    |
※この12小節を繰り返し。

 

↓使用したバッキングトラック
(スローブルース【バッキングトラック③】です)
JOYMUギタースクール

バッキングトラック一覧…

 

フレーズを覚えて練習するだけでは、
もったいない!

 

今回の動画を参考にして、
あなたの「好きなギタリストのフレーズ」を応用して
アドリブソロを弾いてみよう♪