なぜブルースのギターソロはペンタトニックスケールで弾けるのか?初心者が知ってるだけでギターが上達する驚くべき1つの法則!【ブルースギター初心者講座】

 

いつも何気なくギターソロで弾いている

【ペンタトニックスケール】

 

特にブルースでソロを弾くときには、

「マイナーペンタトニックスケールを使えばソロは弾ける!」

「メジャーペンタトニックスケールを使ってもソロは弾ける!」

「ブルースのソロでは3rdの音がポイントだ!」

などなど、

「ソロの弾き方」や「スケールの使い方」について

いろんな事をきいたことがあると思います。

 

でも、そもそも

「なぜブルースのギターソロはペンタトニックスケールで弾けるのか?」

知っていますか?

 

そこには「驚くべき1つの法則」があります。

 

この法則を

「知っているか」「知らないか」だけの違いで、

「ギターが上手い人」と「ギターが下手な人」

の差がでます。

 

そして、この法則を知ってるだけで

ギターの上達がはやくなります♪

 

ぜひ、この「たった1つの法則」を覚えて

かっこいいブルースギターが弾けるようになってくださいね♪

 

ギター初心者は必見ですよ!

 

 

 

 

なぜブルースのギターソロはペンタトニックスケールで弾けるのか

わかりましたか?

 

正確には、

「マイナーペンタトニックスケール」でも弾けるし、

「メジャーペンタトニックスケール」でも弾けるし、

「その他の弾き方、アプローチ方法」でも弾ける

ということです。

 

動画で説明したことは、とてもシンプルなことで、

考えてみれば、誰でもわかるような「あたりまえのこと」です。

 

でも、ちゃんと理解しているギタリストは少ないかな。

 

そして、これは音楽のジャンルに関係なく

ギターソロを弾くために必要な「本質」の部分です。

 

今回は、理解しやすいように「ブルースの3コード」で説明しましたが、

ロックでも、ジャズでも、ポップスでも、

コードが4つでも、8つでも、12でも

基本的な考え方は同じです。

 

どんな複雑なコード進行でも、細分化して考えていくと、

動画で説明したシンプルな法則に落ち着きます。

 

逆に言うと、「シンプルな法則」さえちゃんと理解すれば

応用して複雑なコード進行でもソロは弾けます。

(複雑なコード進行でソロを弾くのが楽しいか、つまんないか、は別としてね)

 

そして、

「今回の動画を観て、なんとなく理解したギタリスト」と

「2周、3周まわって、あらためて理解したギタリスト」では

おそらく理解している深さというか、

気づくポイントも違うと思います。

 

それでOKです。

わかるところから覚えてください♪

 

何が言いたいかというと、

音楽理論とか、あまり難しく考えないで、シンプルに考えれば、

今までわからなかったいろんなことが理解できて、

楽しくギターが弾けるよ!

ということを伝えたかっただけです(^^)

 

だって、音楽理論の本を読んでも、

わざと小難しい言葉をつかって説明しているように感じて

さっぱりわかんないでしょ?

 

ギターは楽しくね♪

 

 

 

===================================
【かっこいいソロが簡単に弾ける方法(動画とタブ譜付)】に興味ありますか?
【期間限定】【無料】公開中!

詳細は↓を今すぐクリック!
blues lesson otamesi6

ブルースのコード進行に合わせて「バッキング」や「ソロ」を弾く方法など、
ブルースギターの基本が【無料】で学べますよ!
(楽器店やア○ゾンで3980円で販売されている
「DVD付きブルース教則本」くらいの内容です♪)
===================================

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です