【Same Old Blues/Freddie King】心に沁みるコード進行!かっこいいアルペジオの弾き方を解説!

 

フレディ・キングの
Same Old Blues」っていう曲を
知っていますか?

 

スローブルースなんですけど、
3コードじゃなくて、
13個のコードでつくられている
バラードのようなタイプの曲です。

このコード進行が
かっこ良いのですよ♪

 

曲の後半くらいに、

||G     |G#dim7  |DonA  /DonC  |B7     ||

というコード進行があるのですが
この進行が特にかっこいい!

 

何がかっこいいのか?

 

簡単に説明すると、、、

このコード進行は、分数コードを使っていて

「コードのルート音」が「ベースライン」になっています。

 

↓これ。
G→G#→A→C→B」

 

音楽的に言うと、

ベースラインが「半音→半音→1音半」と上り、最後に「半音」だけ下がります。

 

このベースライン+コードの流れが
心の琴線に響いて
グッとくるんですね?♪

 

「ザ・心に響くコード進行」
なのです。

 

そして日本人は、
このタイプのコード進行が大好き(^_^)

もちろん私も大好き♪

 

昭和の歌謡曲でも、
このコード進行は
たびたび使われています。

 

ギターで弾いてみると
「あ?、これね♪」
と感じますよ。

 

↓【Same Old Bluesの弾き方】

 

 

↓がコード進行

【イントロ】

||G       |G#dim7  |DonA  /DonC  |B7     |

|E        |A7             |D                          |F+     ||

 

【Aメロ(歌とソロのパート)】

||D       |F#7           |Bm          |Bm7          |

|D        |F#7           |Bm          |Bm7 /D9  |

|G        |G#dim7  |DonA  /DonC  |B7    |

|E        |A7             |D                          |F+     ||

※各コードの押さえ方は動画を参考にしてください。

 

秋の夜長に、
お酒でも飲みながら
ギターで弾くと
心に沁みますよ♪

 

ちなみに↓がFreddie Kingが演奏している【Same Old Blues】です♪

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG