【ジャムセッションの参加方法(やり方)】を紹介!(ギターの遊び方)

 

 

今回は、一番楽しいギターの遊び方

「ジャムセッションの参加方法(やり方)」

をお伝えします。

 

私が主催している「ジャムセッション・ライブ」は、

残念ながらJOYMUギタースクールの生徒の皆さんの為だけに開催しているので、

一般の方々は参加できないのですが、

ジャムセッションはいろんなところで行われています。

 

一番手っ取り早いのは、

楽器を演奏できる友人やバンドのメンバーなんかと

気軽に演奏する方法。

 

ただ難点は、

一緒にジャムをする人がギター初級者の場合、

演奏がグダグダになる可能性があります。

 

それでも最初は楽しいと思いますが、

もう一歩先に進みたくなったら外に出てみましょう。

 

月に1回、又は週に1回、

「ジャムセッション」を開催している

ライブハウス、ブルースクラブ、ジャズクラブ、パブ …

などのお店が世界中に沢山あります。

 

呼び方や名称は、

「ジャムセッション(JAM Session)」「オープンマイク(Open Mic)」

と記載されていますが、意味はだいたい一緒。

 

無料で参加できるお店もあれば、

参加費が1000~2000円のところもあります。

 

ホストバンドといって、

お店が用意したプロのバンド(ドラム、ベース、ギター、ピアノなど)と

一緒にステージでジャムセッションをできるところもありますし、

参加した人だけでジャムセッションをするお店もあります。

 

日本でも海外でも良くある参加方法のパターンは、

1.ジャムセッションの日にギターを担いでお店に行き

2.お店の人にジャムセッションに参加したい旨を伝え、

3.ジャムセッションに参加する順番がかいてある用紙に自分の名前を書く。

4.自分の名前が呼ばれるのをビールでも飲みながら待つ。

5.待っている間にギターのチューニングは済ませ、名前を呼ばれたらステージに上がる

6.ステージでは3コードのブルースでジャムをする場合もありますし、

自分が弾きたい曲をホストバンドに伝えてジャムをする場合もあるので、

その辺は事前に尋ねてください。

 

ジャムセッションで演奏すると、

お店によっては沢山のお客さんや参加のミュージシャンが

あなたの演奏を聴くことになります。

 

なので、うまくいけば、

「バンドのメンバーを探しているんだけど、一緒にやらないか?」

「今度、うちのお店でライブをやらないか?」

という展開になることもあります。

 

実際わたしは、

ジャムで出会ったミュージシャンとバンドを組んだり

ジャムで知り合った人のお店で演奏したり

ジャムで知り合った人のパーティーで演奏したことがあります。

 

 

自宅で悶々とギターの練習をするのに飽きてきたら、

ぜひお試しあれ。

 

 

 

>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG