【アメリカで本物のブルースマンから教えてもらったBLUESの弾き方】簡単バッキング/かっこいいコード/ターンアラウンド/弾き語り方法を解説[Key-E/Tab付]

 

ブルースを弾きたいギター初心者のために

【アメリカで本物のブルースマンから教えてもらったBLUESの弾き方】

を解説している無料動画講座です!

 

私を知らない人のために経歴を簡単に説明すると、ニューヨークのハーレムで黒人ブルースマン「FLOYD LEE」の家に居候しながら、アメリカ東海岸を中心に3年間一緒に演奏活動をしてました。

 

 

↓歌ってるのがFLOYD LEE

 

 

という訳で、今回レッスンするのは

FLOYD LEEと一緒に演奏しながら覚えた

リアルなブルースの弾き方です♪

 

そして、初心者でも弾きやすいように

Keyは「E」で、スタンダードなブルース進行。

 

動画では↓の順番で説明しています。

1. 簡単なバッキングの弾き方
2. 普通のコード+バッキング、ターンアラウンドの弾き方
3. かっこいい弾き方(コード+バッキング+オブリ)
4. SWEET HOME CHICAGOの弾き語り

 

まずは簡単な弾き方から練習して、ブルースを楽しんでくださいね♪

 

※動画の画面上にTAB譜があります。

 

【アメリカで本物のブルースマンから教えてもらったBLUESの弾き方】

 

 

 

【練習のポイント①】

ブルースのリズムはShuffle(シャッフル)

足と身体でShuffle(シャッフル)のリズムにノリながら弾く!

 

 

Shuffle(シャッフル)のリズムが分からない人は

頭(言葉)で理解しようとしても理解しずらいので

とりあえずブルースを沢山聴いて覚えること!

 

※YouTubeで【BLUES】、【CHICAGO BLUES】、【DELTA BLUES

など検索すると沢山視聴できるよ♪

 

【練習のポイント②】

ドラムビートやリズムボックスなどのShuffle(シャッフル)のリズムに合わせて練習する!

 

(このページ↑の動画と一緒に弾いて、リズムのタイミングを覚えるのもGOOD!)

 

※ドラムビートについては↓記事を参考に。

関連記事

  ギターのリズム練習に使える、おすすめのスマホ用「ドラムマシーンの無料アプリ」を紹介します。 メトロノームに飽きたら、ドラムマシーンのリズムに合わせて遊んでみよ[…]

 

 

12小節のブルース」で使う「王道のコード進行

【Key-E】

||E7     |A7     |E7     |E7     |

|A7      |A7     |E7     |E7     |

|B7      |A7     |E7     |B7    ||

 

簡単に言うと、このコード進行をずっとくり返すだけ。

シンプルでしょ?

 

Sweet Home Chicagoや、その他多くのブルース曲、

ブルースのジャムセッションなど、

いろんなところで使うコード進行なので必ず覚えよう!

 

ちなみに動画で弾き語りしたSweet Home Chicagoは、

カポを5フレットにつけて↑の12小節を弾いています。

 

そうすると、実際にはKeyが「A」になって↓のコード進行になる。

||A7     |D7     |A7     |A7     |

|D7      |D7     |A7     |A7     |

|E7      |D7     |A7     |E7     |

 

他のミュージシャン(ピアノやハーモニカなど)は、このコード進行を弾くんだよ。
ギターでソロを弾くときも、このコード進行?
正解!だからソロを弾くスケールは変えなきゃいけないよ。ちなみに、Key-AでSweet Home Chicagoをライブ演奏するとこんな感じ。

 

【ギター&ピアノ アレンジ】

 

 

なるほど。バンドで演奏するとどうなるの?
だいぶ昔の動画になるけど、こんな感じかな

 

【バンド・アレンジ】

 

 

ブルースはシンプルだから誰でも楽しめるよ
マジ?オレも弾ける?
たぶん(笑)最後に1つ良いコト教えてあげる
何?

ブルースはシンプルなので、

誰でも弾いて楽しめます。

 

でも、シンプルが故にブルースを弾くと

「ギターが上手い人」と「ギターが下手な人」が

すぐわかってしまうのです。

 

なぜかというと、、、

コードだけを弾くんじゃなくて「バッキング」や「オブリ」を入れながら弾くし、

シンプルなコード進行でかっこ良くソロを弾かなきゃいけないし、

(実はコードが多い方がソロが下手でも「かっこ良く聞こえる」のです)

それらを「気持ちのイイ音色」で弾かないと総合的にカッコ良く聴こえないので、

ギターが下手な人はすぐバレるのです(苦笑)

 

だから、「そこを突っ込んでマウントをとりにくる意地悪なギタリスト」もいるのですよ。

 

そうすると、なんかモチベーションが下がって「ブルースが嫌い」になったり

「ウンチクが多いギタリスト」になるかもしれないから

そういう意地悪な人には注意してね!

 

もし、そんな状況になったら、このオンラインレッスンに戻ってきて!

 

無料レッスンでも上達するから、上手くなって「ぎゃふん」と言わせてやればOK♪

でも、意地悪な人につきあうのも時間の無駄だから

無視してほっとくのが一番いいかもね。

 

あなたが楽しければ、それが1番!

 

もしブルースに興味がありましたら「毎月レッスンコース」はおすすめです♪

↓こんな感じに弾けるようになりますよ。

関連レッスン

  「Sweet Home Chicago」はご存知の通りブルースの名曲。 古くはロバート・ジョンソンからエリック・クラプトンまで多くのブルースやロックの[…]

 

最後にちゃっかり宣伝すんのかい!
PR
最新情報をチェックしよう!
>「毎月レッスン・コース」

「毎月レッスン・コース」

ブルース・ロックが好きな大人のあなたへ。
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
逆に考えると、ブルースが弾ければ、なんでも弾けるようになります。
シンプルなので「バッキング」「ソロの弾き方」「弾き語り」の練習にピッタリですし、応用もしやすいです♪この機会に弾いてみませんか?

CTR IMG