懐かしの洋楽【The Dock Of The Bay/Otis Redding(ドック・オブ・ザ・ベイ/オーティス・レディング)】を弾いてみよう!コード進行/ストロークの弾き方と練習【アコギ初心者レッスン】

The Dock Of The Bayを弾いてみよう!

今回は、懐かしの洋楽。
オーティス・レディングのThe Dock Of The Bay(ドック・オブ・ザ・ベイ)です。

 

The Dock Of The Bayは
「コード7つ」で弾けますよ♪
(コードは簡単なので、比較的すぐ弾けると思います)

 

動画の画面に「コード進行」と「歌詞」が表示されますので、
ヒマなときに動画と一緒に弾いて練習してみよう!

 

The Dock Of The Bayの弾き方(解説動画)

【The Dock Of The Bay /Otis Redding 】の コード進行を、ドラムに合わせてただひたすら弾くだけのストローク練習用動画です【ギター初心者レッスン】

 

The Dock Of The Bayのコード進行

 

【イントロ】
||G    |G    |G    |G    ||
--1番--
【Aメロ】
||G    |B7    |C    |A    |
|G      |B7    |C    |A    ||
【Bメロ】
||G    |E    |G    |E    |
|G      |A    |G    |E    ||
--2番--
【Aメロ】
||G    |B7    |C    |A    |
|G      |B7    |C    |A    ||
【Bメロ】
||G    |E    |G    |E    |
|G      |A    |G    |E    ||
【Cメロ】
||G / D |C        |G / D |C        |
|G / D |C / G |F        |D        ||

--3番--

【Aメロ】
||G    |B7    |C    |A    |
|G      |B7    |C    |A    ||
【アウトロ】
||G    |G    |G    |E    |
|G      |G    |G    |E    ||

 

練習のポイント!

基本ストロークのパターン

【↓ ↓↑ ↓↑↓↑】
※詳しくは動画を参考に。

 

曲全体を通してシンコペーションが多いので、
まずはドラムビートに合わせて練習しよう!
(リズム感が良くなって、上達がはやくなるよ)
(シンコペーションのところは動画をチェック)

 

それと、シンコペーションに慣れたら動画を参考にして
コードとコードを「ベースラインで繋ぎながら弾く」と
オリジナルのようにかっこ良く弾けます♪

 

なんといっても一番のコツは、
「ドラムにのって楽しく弾く」こと!

 

アコギを持ってキャンプに出かけて

昼からビールを飲みながら弾いたら気持ちイイですよ♪

では、楽しいギター生活を。
ギターコーチMITSU

 

【会員オンラインレッスン】
JOYMUギタースクール

会員限定オンラインレッスンのログインページ…

最新情報をチェックしよう!