blues alone-r

ブルースギターが上達する1人遊び練習法!(ルバートでソロとコードを弾く→リズム弾き)

 

あなたは、日頃どんなギターの練習をしていますか?

 

運指トレーニングですか?

ソロフレーズの練習ですか?

TAB譜をみながら曲の練習ですか?

 

ギターの練習といってもいろんな方法がありますよね。

 

今回は、より実践的なブルースギターの練習方法を紹介します。

名づけて「ブルースギターが上達する1人遊び練習法!

 

どういう練習方法かというと、、、

12小節のブルースを

ルバートでソロとコードを同時に弾きながら、

徐々にリズムをだしていきます(インテンポで弾いていきます)

 

う~ん、言葉で説明しても、

どういう練習方法かさっぱりわからないですよね(苦笑)

 

では、さっそく↓のレッスン動画を視聴してください♪

 

【ブルースギターが上達する1人遊び練習法!】

 

この弾き方が出来るようになると、

普通にライブでもかっこよく使えるのでおすすめですよ♪

 

そして、この練習法には【重要なポイント】【2つ】あります。

 

【重要ポイント1】

ルバートという弾き方は、

あえてテンポを無くし

自由なテンポで演奏します。

 

ここで大事なのは、

適当に弾いている訳ではない

ということ。

 

わかりやすく説明すると

演奏者の呼吸に合わせて演奏している

ようなイメージです。

 

これは簡単なようで難しいです。

 

最低条件として、

「しっかりテンポ(リズム)に合わせて弾けるテクニック」

が必要になります。

 

なぜ、自由なテンポで演奏するのに

テンポ(リズム)に合わせて弾ける必要があるのか?

 

それは、適当に自由なテンポで演奏すると

「ただの下手な演奏にしか聴こえない」からです(笑)

 

「しっかりテンポ(リズム)に合わせて弾ける」ようになってから、

あえてテンポを無くし、自由なテンポで演奏すると

そこには、ドラムなどの「一定のリズム」とは違う、

演奏者の「呼吸のリズム」が生まれます。

 

それが、かっこ良い演奏になるのです。

 

実は、多くの人がこの間違いに気づいていません。

 

テンポを無くして、適当に自由なテンポで弾けばよいと思っています。

 

あなたには、カッコイイ演奏をしてほしいので

こんな間違いをおかさないでくださいね。

 

 

【重要ポイント2】

1人で演奏しているときでも

常に頭の中で「コード進行」を追いながら

演奏すること。

 

あたり前ですが、

コード進行に沿って演奏しないと

グダグダになります(笑)

 

もちろん、コード進行を多少崩して演奏することはありますが、

それは「コード進行に沿って演奏できる」から、あえて崩せるのです。

 

なので、上手いギタリストは「コード進行を崩して演奏」しても、

元のコード進行に戻ってこれます。

 

「コード進行を追いながら演奏する」って、どういうことか?

 

簡単に説明すると、動画を視聴したときに、

演奏と一緒に「画面の右上にコード進行が赤い文字で表示」されていたでしょ?

 

少なくとも、頭の中でその「赤い文字のコード進行」を追いながら

演奏するということです。

 

頭の中で「コード進行」を追いながら演奏できない人は、

元のコード進行に戻ってこれなくなり演奏がグダグダになりますので

注意してくださいね。

 

ざっと説明しましたが、

これが「2つの重要ポイント」です。

 

この2つをちゃんと理解して「弾ける人」と「弾けない人」というのが、

「上手いギタリスト」と「下手なギタリスト」の違いです。

 

この「2つの重要ポイント」に注意しながら練習して

あなたは、ぜひ「上手いギタリスト」になってくださいね♪

 

 

手っ取り早く「上手いギタリスト」になりたいですか?

↓がオススメです。

===================================
【かっこいいブルースギターが簡単に弾ける方法】に興味ありますか?
【期間限定】【無料】公開中!

詳細は↓を今すぐクリック!
blues lesson otamesi6

ブルースのコード進行に合わせて「バッキング」や「ソロ」を弾く方法など、
ブルースギターの基本が【無料】で学べますよ!
(楽器店やア○ゾンで3980円くらいで販売されている
「DVD付きブルース教則本」2冊分くらいの内容です♪)
===================================

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>