3コードのレゲエ【Three Little Birds/Bob Marley(ボブ・マーリー)】を一緒に弾こう!(弾き方、弾き語りを解説)

 

「コード3つ」で弾ける曲ってないですかね?
夏にピッタリのレゲエがあるよ♪

 

【Three Little Birds/Bob Marley】

(スリー・リトル・バード/ボブ・マーリー)

の弾き方、弾き語りを解説します♪

 

レゲエの神様といえば

ボブ・マーリー!

 

そして、なんと!

「Three Little Birds」は

【3コード】で弾けます♪

 

コードは「A」「D」「E」だけ。

 

アコギ初心者に

とっても優しい曲♪

 

さっそく、弾いてみよう!

 

 

 

 

【Three Little Birds】のコード進行

【イントロ】

||A      |A       |A      |A      ||

【サビ】

||A      |A       |D       |A       |

|A       |A       |D       |A       ||

【Aメロ】

||A      |E       |A       |D       |

|A       |E       |D       |A       ||

 

※【Aメロ】と【サビ】のコード進行を繰り返すと最後まで弾けます。

 

 

曲の構成

【イントロ】【サビ】/【Aメロ】【サビ】/【Aメロ】【サビ】/

【ソロ(サビと同じコード進行)】/【サビ】

 

 

練習のポイント!

1.まずコード進行をおぼえる

コードを「3つだけ」なのでここは簡単ですね。

 

2.ストロークを練習する

動画で解説した

「ズンッ・チャ、ズンッ・チャ・・・」が

レゲエ・ストロークの「簡単な弾き方」です。

 

ミュートする指に気をつけながら

「ブラッシング」と「コード」を

交互に弾く練習してください♪

 

それと、

「ズンッ・チャ」を4回弾く

1小節分になりますので

目安にすると演奏しやすいです。

 

↓こんなイメージ。

「ズンッ・チャ、ズンッ・チャ、ズンッ・チャ、ズンッ・チャ」

これで「1小節」

 

3.弾き語りをする時は、「歌詞」と「コード」のタイミングに注意!

「コードを弾く前の小節」から

「歌がはじまる」パターンが多いです。

 

まずは「ダウンだけ」で弾き語りをして

「歌詞」と「コード」のタイミングを練習した後に

レゲエ・ストロークで弾き語りの練習のがおすすめです♪

 

「Three Little Birds」

「コードを3つ」おぼえて

「ストローク」を練習すると弾けますので

レゲエの弾き語りを楽しんでください♪

 

 

「3コード」で弾けると楽しいですね♪

 

レゲエは弾いてて気持ちいいよね~♪

Don’t worry about a thing~♪

Cause every little thing is gonna be alright~♪

 

大丈夫、心配いらないよ

何もかも上手くいくからね♪

 

 

ついでにボブ・マーリーの名曲「No woman, No Cry」も弾いてみます?

関連レッスン

  夏といったら、レゲエでしょ? という訳で、ギター初心者のために、レゲエの神様「Bob Marley(ボブ・マーリー)」「No Woman No Cry[…]

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG