Stevie-Ray-Vaughan

ブルースギターレッスン!【Stevie Ray Vaughan(スティーヴィー・レイ・ヴォーン)スタイル】かっこいい12小節ソロ(スローブルース/TAB)

 

【ブルースギターレッスン!ソロ編】

 

ブルースギターが好きなあなたなら、

【スティーヴィー・レイ・ヴォーン】
(Stevie Ray Vaughan)

はもちろん知っているでしょう。

 

ブルースよりもロックっぽいとかいろいろ言う人もいますが、

純粋にかっこいいギターを弾きますよね~♪

 

スティーヴィー・レイ・ヴォーンは、

昔のブルースマンが弾くフレーズを

多用してソロを弾いています。

 

フレーズをそのまんま弾いていることもありますし、

フレーズをアレンジして弾いていることもあります。

 

ロックっぽいと言われるのは、

太い弦(1弦が012~013)をギターに張っていて

音のセッティングが荒っぽく太いとか

ジミヘンの曲を演奏したりとか、

そういうところにフォーカスをあて過ぎているからかな

と個人的に思っています。

 

ちなみに、「1弦が013のセット弦」って、慣れないとすごく弾くのが大変です。

 

一度試したことがあるのですが、、、

チョーキングを何度もすると、指が痛くてヒーヒー悲鳴を上げだしました(苦笑)

強靭な「指の力」です。

 

考えてみると、スティーヴィー・レイ・ヴォーンのおかげで

多くの昔のブルースマンが世界中で再評価されました。

 

ローリング・ストーンズのおかげで

マディ・ウォーターズが世界中で再評価されたのと同じです。

 

テキサス生まれのブルースマン

Stevie Ray Vaughan(スティーヴィー・レイ・ヴォーン)

 

リスペクトするところがたくさんあり、

いろんな意味でかっこいいギターので、

わたしは大好きです♪

 

ということで、

Stevie Ray Vaughanの12小節ソロ(スローブルース)を弾いてみました!

 

 

 

これは、スティーヴィー・レイ・ヴォーンが

ブルースの名曲「Sky is crying」で弾いているソロです。

 

正確には、

スティーヴィー・レイ・ヴォーンのソロは速弾きのタイミングが難しいので

音使いは同じで速弾きを弾きやすくアレンジしたソロです。

 

あなたも、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの

かっこいいソロを弾きたいですか?

 

実は、月刊BLUESギターオンラインレッスン6月号で

スティーヴィー・レイ・ヴォーンのソロが学べます!

 

「レッスン動画」「ソロのTAB譜」「練習用動画」「はやく上達する練習方法」

「ギタリストのための音楽理論(スケールの使い方)」

すべてセットになっているので、かっこいいソロがすぐに弾けるようになりますよ♪

===============================

blues lesson-6

1.【Stevie Ray Vaughanスタイル】12小節ソロの弾き方を解説
(TAB譜をPDFファイルでダウンロードできます)

2.スケールの使い方を解説
(ギタリストのための音楽理論)

★動画と一緒に弾いて「フレーズ」や「ソロ全体」の

「弾くタイミングを学ぶための練習用動画」

3.【8小節目】のソロフレーズ練習用
4.【9小節目(速弾き)】のフレーズ練習用
5.【10~11小節】のフレーズ練習用
6.【Stevie Ray Vaughanソロ】スローモーション動画
7.【Stevie Ray Vaughanソロ】ドラムに合わせて弾く練習用
8.【Stevie Ray Vaughanソロ】バッキングトラックに合わせて弾く練習用

===============================

 

さあ、あなたもスティーヴィー・レイ・ヴォーンの

かっこいいギターソロをマスターしよう!

 

詳細は今すぐ↓をクリックしてください!

【月刊BLUESギターオンラインレッスン6月号】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>