【Honky Tonk Women/The Rolling Stones(ホンキー・トンク・ウィメン/ローリングストーンズ)】の弾き方、オープンGチューニング、かっこいいコード、フレーズを解説!

 

 

簡単でかっこいい、ロックのコードとフレーズを知ってますか?

「オープンG」チューニングを知ってますか?

 

今回は、ロックギター初心者のために

【Honky Tonk Women/The Rolling Stones】
(ホンキー・トンク・ウィメン/ローリングストーンズ)

の簡単でかっこいいロックのコードとフレーズを動画で解説します!

 

Honky Tonk Womenは、キース・リチャーズ(Keith Richards)が

「オープンG」チューニングで弾いているロックの名曲ですね。

 

 

簡単に「オープンG」チューニングについて説明しておきます。

 

「オープンG」チューニングとは?

 

レギュラーチューニングから、「1弦」「5弦」「6弦」だけ1音下げる

==================================

↓がオープンGチューニング。

1弦→【
2弦→【B】
3弦→【G】
4弦→【D】
5弦→【
6弦→【

※開放で1弦から6弦までを、ジャラーンと弾くと「Gコード」になります。

だから、「オープンG」チューニングね。

ちなみに、オープンチューニングの方法は

「オープンD」「オープンE」などいろいろありますよ。

 

一応↓がレギュラーチューニング。

1弦→【E】
2弦→【B】
3弦→【G】
4弦→【D】
5弦→【A】
6弦→【E】

==================================

 

◆「オープンG」チューニングにするメリットは?

コードが簡単に押さえられる!(指1本でメジャーコードが押さえられる)

5弦ルートのバレーコードは、指1本で押さえられます。

==================================

例:

Dコード→1~5弦の7フレットを人差し指で全部押さえる。

Cコード→1~5弦の5フレットを人差し指で全部押さえる。

==================================

 

スライドギターを弾くときにオープンチューニングにすることが多いのですが、

キース・リチャーズはHonky Tonk Womenで

簡単にかっこいコード&フレーズが弾けるようにオープンGを使っています。

 

それでは、早速チューニングをオープンGにして弾いてみよう!

 

【Honky Tonk Womenの簡単でかっこいいコード&フレーズを解説】

 

 

 

※動画でも説明しましたが、Honky Tonk Womenのような曲は、

フレーズを完コピするというより、

リズムにのせてコードやフレーズを弾くのが1番重要!!

 

それが出来るようになると、かっこ良く弾けますよ。

なので、ドラムビート(ドラムマシーン)に合わせて練習するのがオススメ。

 

それと、今回の動画では「言い間違い」や「間違って弾いているところ」が多くてゴメンね。

1日に動画を5~10本撮りしてるので、、、疲れてたみたい(笑)

 

一応、画面上に「注意書き」を載せていますが、

一ヶ所「注意書き」を書き忘れたところがありまして、、、

それはオクターブって言ってるところ。

「オクターブじゃなくて→ハーモニクスです」

 

なにはともあれ、Honky Tonk Womenを弾いて楽しんで下さい♪

 

 

↓がHonky Tonk Womenのライブ・バージョン。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG