【Crossroads/Eric Clapton(クロスロード/エリック・クラプトン/クリーム)】の弾き方を解説!(TAB譜有) ジャムセッションでよく演奏する曲なので練習しよう!

 

ロックギター初心者のために

【Crossroads/Cream-Eric Clapton】
(クロスロード/クリーム-エリック・クラプトン)

の弾き方を解説している動画講座です。

 

ロック好きにはお馴染みの名曲。

知ってるとは思うけど、Creamはエリック・クラプトンが若い頃に活動していたバンドね。

 

「クリーム(エリック・クラプトン)」バージョンのCrossroadsは、

ブルースロックのジャムセッションでよく演奏する曲なので、

「今後、ジャムセッションで演奏してみたい!」という人は

とりあえず覚えておいたほうがいいですよ。

 

 

【Crossroadsの弾き方を解説!(動画上にTab有)】

 

 

Crossroadsは、基本的に3コードの12小節ブルース進行。

そんなに難しくないと思います。

なので、ジャムセッション初心者の練習には最適かな。

 

「イントロ」のコード進行

||A7   |A7    |A7    |A7    |

|D7   |D7    |A7    |A7    |

|E7   |D7    |A7    |A7    ||

 

 

「歌パート」と「ソロパート」のコード進行

||A7   |D7    |A7    |A7    |

|D7   |D7    |A7    |A7    |

|E7   |D7    |A7    |A7    ||

※この12小節を何回もくり返す。

 

「イントロのコード進行」と「歌パート(ソロパート)のコード進行」は

「2小節目のコード」が違うだけで、ほとんど同じ。

 

ジャムセッションでソロを弾いて遊ぶ時は、

ソロパートのコード進行を何回もくり返して弾きます。

 

ひとりがバッキングを弾いている間は、

もうひとりがソロを弾いて、

ソロが弾き終わったら、今度はバッキングを弾いて、ソロを交換する。

これが、オーソドックスなジャムセッションの遊び方。

 

今回はバッキングの弾き方を解説していますが、

慣れてきたらスケールも覚えてソロに挑戦しよう!

 

↓が動画で説明したスケール。

【Aマイナー・ペンタトニックスケール】

A minor penta3

 

【Aメジャー・ペンタトニックスケール】

A Major pentatonic scale

 

これだとスケールを覚えるのが大変だから、

スケール表を5つに区切って「5ポジション」で覚えるのがポイント!

関連レッスン

  【ギタリストのための音楽理論/スケール編4】 今回が、「ギター初心者でも簡単に分かる音楽理論シリーズ」の最終回。ペンタトニックスケールの「5(ファイブ)ポジション」の[…]

 

 

ソロの弾き方ですが、詳しく解説するとかな~り長くなるので、またの機会に。

 

 

このサイトの

「検索」→「タブ」→「ギターソロ」

をクリックすると

いろんなソロの弾き方を解説したレッスンが探せますよ。

(Keyが違う場合は、Key-Aに変換すれば使えます)

 

 

↓でもソロ・フレーズをいくつか解説しているので参考にどうぞ。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG