ギター初心者に超優しいコード表No.1(無料)

 

 

今回は、「ギター初心者に超優しいコード表」を紹介します。

 

無料で使える、海外のコード閲覧サイト「Guitarist’s Reference

 

私が今まで見たコード閲覧サイトの中で、一番分かりやすく、しかもコード音も聴けるので、

初めてギターを弾く人には、かなり便利だと思います。

 

さて、使い方ですが、

1.まず、ここ⇒「Guitarist’s Reference」をクリックすると↓画面が表示されます。

Guitaristsreference2

 

 

2.画面を見るとすぐ分かると思いますが、ギターのネック(指板)が表示されていますね。

 

ギターのネック(指板)の見方ですが、

・弦が一番太い左が6弦側

・弦が一番細い右が1弦側

・一番上がギターのナットの部分

 

ちなみに、画面下の「Right(手のマーク)」をクリックすると、

左利き用のギターに変わります。

 

最初は、「Cメジャー・コード」の押さえ方が表示されています。

 

見方ですが、

・一番上の「×」は弾かない弦

・一番上の「○」は開放(押さえないで弾く)弦

・弦の上の「○」は押さえる弦

 

「○」の中の数字は、弦を押さえる指を表していて、

「1=人差し指、2=中指、3=薬指、4=小指」

になります。

 

赤印①の「三角の再生マーク」をクリックすると、

今表示されているコード音がチャララ~ンと鳴るので便利♪

 

最初は、自分で押さえたコードがちゃんと合っているか良く分からないと思いますので、

このサイトのコード音と比較して確かめて下さい。

 

3.他のコードの押さえ方が見たいときは、まず赤印②の「Select Key」をクリックします。

 

Guitaristsreference3

 

 

こちらの画面が表示されますので、調べたいコード(ルート音)を選んでクリックします。

 

試しに、「A」を選んでみましょう。

Guitaristsreference4

 

「Aメジャー・コード」の押さえ方が表示されましたね。

 

赤印①をクリックすると、先ほどのようにAメジャー・コードがチャララ~ンと鳴ります。

 

そして、赤印②の「>」をクリックすると、

「Aメジャー・コードの押さえ方(別パターン)」

が何種類か表示されますので必要に応じて使ってください。

 

こんな感じ↓

Guitaristsreference5

 

「Select Key」だけ変更すれば、基本的にメジャーコードの押さえ方を調べられます。

 

パート②へ、つづく。

関連レッスン

  無料で使える、ギター初心者に優しいコード表「Guitarist’s Reference」の使い方パート2です。 4.マイナーコードの押さえ方を調べたい場合。&[…]

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG