blues lesson-backing2

ほとんどのギター初心者が知らない【簡単にギターが上達する方法!】

 

ギターをはじめる
 ↓
ギタがうまく弾けない…
 ↓
つまらない、挫折…

よくあるパターンです(苦笑)

 

ギターに限らず、
ピアノでも、
スポーツでも、
ビジネスでも、
なんでも一緒だと思うのですが、

簡単にうまくなる方法というか、

上達するためのちょっとしたコツ

というのは確実に存在します。

 

それを、今回は紹介します。

 

先に、結論を話すと「アウトプット」が

もの凄く重要ということ。

 

なぜか?

人は覚えたことを「1時間後に7~8割忘れるから」です。

 

例えば、教則本やYouTube動画などで、

ギターソロの弾き方をおぼえるとします。

 

まずは、TAB譜とかレッスン動画をみながら、

「どのフレットを押さえるのか」

「指はどう動かすのか」

などを、おぼえる人がほとんどだと思います。

 

これは、いわゆる「インプット」です。

 

ギターの弾き方をおぼえる時は、全員がまずこの道を通ります。

 

でも、基本的にこれだけでは「すぐ忘れます」

 

なかなか上達しない人は、

ここでギターの練習を終りにするので、

翌日には半分もおぼえていません。

 

そして、またおぼえなおす…

二度手間で面倒くさいです。

 

面倒くさいから、飽きてきます。

飽きてくるので、ギターを弾かなくなります。

挫折…

 

これも、よくあるパターンかな(苦笑)

 

せっかくギターを楽しみたいと思っているのに

挫折するのはすごく「もったいない」ので

簡単なアウトプットの方法を教えます。

 

まず、教則本やYouTube動画などで、

ギターソロの弾き方をおぼえた後に、

YouTubeなどでギターを教えている人の「模範演奏動画」や、

フレーズを弾いている動画」などを再生して、

それと一緒にあなたも弾いてください。

 

これが簡単な「アウトプット1」です。

これだけで、だいぶ早く上達しますよ。

 

そして、次の段階の「アウトプット2」もあります。

 

次は、今回おぼえた弾き方を

バッキングトラックドラムビートに合わせて

あなたひとりで弾く」ことです。

 

おそらく、最初は途中で弾き方を少し忘れて

分からなくなったりすると思いますが、

それでいいんです。

それが、あたりまえですから。

 

わからなくなったら、

また「弾き方の動画」なりを観なおして思い出してから(再びインプット)

バッキングトラックやドラムビートにあわせて弾きます。

 

これで、あなたの脳やカラダに、

今回おぼえた弾き方や知識の記憶」を定着させます。

 

これをすると、アウトプットをしない人よりも

7~8割くらい多く

あなたの脳やカラダが記憶しますよ!

すなわち、はやく上達するわけです♪

 

これが「はやく上達する人」や「プロのギタリスト」が

やっている練習の方法です。

 

言い換えると、ギターにはやく慣れる方法ね。

 

だまされたと思って一回だけ試してみてください。

 

「ギター上達のスピード」が、はやくなっているのを体感できると思います。

 

実は、この次の段階の「アウトプット3」もあります。

 

それは、ジャムセッションやライブで演奏すること!

 

これは経験した人しかわからないのですが、、、

わかりやすい表現でつたえると「火事場のクソ力」のようなパワーで

あなたはギターがはやく弾けるようになります。

 

誰だって、人前で恥はかきたくないですからね(笑)

ライブ本番前の数週間は、

あなたの中に眠っている「何か」が目覚めて、

ものすごい勢いでギターをおぼえるでしょう。

 

1回ギターレッスンを受講するよりも
1回ライブでギターを演奏する方が
100倍うまくなります!

 

経験した人は、この意味がわかると思います。

もし、この意味がわからないあなたは、

機会があるときに一度ジャムセッションなどに参加し

人前でライブ演奏してみてください。

 

ビックリするほど、はやく上手くなりますよ!

そして、ギターの本当の楽しさを感じられます♪

 

究極のアウトプット。

それが、ジャムセッションやライブでの演奏です!

 

この「インプット」と「アウトプット」を組み合わせた、

楽しみながら「ギターが早く上達するレッスン」があったら

あなたは興味ありますか?

 

興味がある人だけ【ここをクリック】してくださいね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>