gen

ギター初心者のために【簡単なアコギの弦交換方法】を解説!オススメの弦(コードが押さえやすい弦)も紹介♪

 

アコースティックギター(アコギ)を練習していると

徐々に弦が錆びてきますよね~。

 

アコギを弾いた後に、毎回毎回、綺麗に弦をクロスで拭いていても

残念ながら、いずれ弦は錆びてくるのが自然の流れ。

 

弦は消耗品なので、いずれ交換が必要なのです。

 

アコギの弦が錆びてくると、

綺麗な音も鳴らなくなるし、

錆びた弦で指も痛くなるので、

悪いことだらけ。

 

そこで今回は、

アコギ初心者のために「簡単なアコギの弦交換の方法(弦の張り方、巻き方)」と

ギター初心者でもコードが弾きやすい(押さえやすい)おすすめの弦

を紹介します!

 

「ギターは難しい・・・」と挫折しそうな人は、

「弾きやすい弦」に交換するだけでコードが押さえやすくなるので

楽にアコギが弾けるようになりますよ!

 

ギターは楽しくね♪

 

 

 

【アコギの弦を交換前に用意するモノ!】

 

1.新しいアコギの弦(あたりまえだけど)

↓が動画で紹介した「アコギ初心者にオススメの弦」

弦にコーティングがしてあり、柔らかく感じるので、コードが押さえやすい♪

ちょっと値段が高いけど、、、

錆びずらいし」(半年くらいは錆びない)

綺麗な音が長持ちするし

コードが押さえやすく上達がはやくなる

のでトータルで考えるとコスパはかなり良いかな。

◆Elixer(エリクサー)のNANOWAB / 弦の太さ:EXTRA LIGHT/010-047

※画像をクリックするとアマゾンで購入できます。

 

2.ニッパやラジオペンチなど弦を切る道具

3.アコギを綺麗に掃除するクロスや布

 

4.アコギのピン(杭みたいの)を外す道具

 

5.ペグをくるくる回す道具

(自分の指でまわすのが面倒な人は必要。別に無くてもOK)

↓は「ペグをくるくる回す道具」と「弦を切るカッター」と「ピンを抜く道具」が

合体して1つになっているので便利。

6.チューナー(弦を交換したらチューニングしないとね)

 

 

 

【アコギの弦を交換する順番!】

1.アコギを「平らな台」や「ベット」などに置く。

2.アコギの弦を緩める。

3.アコギの弦を緩めた後に、弦を切る。

※弦を緩めないと、切った弦がはねて目などにぶつかるので注意!

 

4.ブリッジについているピン(杭みたいなの)を道具をつかって抜く。

5.アコギを綺麗に拭く。

6.「新しい弦」の端についている丸いところを

ブリッジの穴にいれてピンでとめる(1~6弦まで全部ね)

 

7.「新しい弦」をペグに巻く。

※「ペグに巻く弦の長さ」と「巻く方向」に注意!

 

8.まず「1→2→3弦」の順番で弦をペグに巻いて、

次に「6→5→4弦」の順番でペグに巻くと簡単!

(「6→5→4弦」の順番で巻いてから、「1→2→3弦」を巻いてもOK)

 

9.ペグに巻いた弦を「ライジオペンチなど」で曲げてから、余分な弦を切る。

※ペグに巻いた弦をクイッて曲げないと、チューニングや弾くときに

弦が抜けやすくなるので注意!

それと、別に余分な弦を切らなくても良いのですが

(その方がカッコイイという人もいるので)

個人的には、ジャマなだけので切ることをオススメします。

 

10.ブリッジの弦をとめているピンを、ちゃんと奥まで指で押す。

※ピンが緩いと、チューニングしているときに弦の張力でピンがぬけるので注意!

 

11.最後に「チューニング」をする。

※「少し弾く」→「チューニング」を何回かくり返して

チューニングが安定してきたら終了!

 

 

新しい弦でアコギを弾くと、

古い弦よりも音色が綺麗になって

弾いていても気持ちが良いので、

休日など時間があるときに交換してくださいね。

 

ギターを弾くのが、もっと楽しくなりますよ♪

 

 

 

===================================
【かっこいいブルースギターが簡単に弾ける方法】に興味ありますか?
【期間限定】【無料】公開中!

詳細は↓を今すぐクリック!
blues lesson otamesi6

ブルースのコード進行に合わせて「バッキング」や「ソロ」を弾く方法など、
ブルースギターの基本が【無料】で学べますよ!
(楽器店やア○ゾンで3980円くらいで販売されている
「DVD付きブルース教則本」くらいの内容です♪)
===================================

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>