自宅でギターを練習していると隣の部屋から苦情がこないか心配です。解決策はありますか?

Q.「自宅でギターを練習していると、隣の部屋から苦情がこないか心配です」

という相談をよくされます。

 

楽器可のマンション(防音の部屋)だったら問題は無いのですが、

普通のアパート暮らしだと、確かに気になる問題ですよね。

 

そこで、ちょっとした解決策をアドバイスします。

 

エレキギターの場合

エレキギターの場合は、ヘッドホンをアンプにつないで練習すれば

外に音が漏れないので問題ないです。

 

アンプにつないでいないエレキギターの音は、

テレビの音よりも小さいので

これで苦情がくるようなら、そのアパートの壁はベニア板くらい薄いということで

むしろ、そっちの方が日常生活をする上で少し問題です。

 

そして、ヘッドホンは長時間つけていると耳が汗ばんで蒸れてくるので、

あまり密閉しすぎない軽めのヘッドホンが

ギター練習にはいいかもしれないですね。

音質にこだわるなら、

値段は高いけどレコーディングで使うようなヘッドホンを使えばいいかな。

 

ちなみに↓はギターコーチMITSUが生配信レッスンやYouTube撮影で使用してる機材です。

(画像をクリックするとアマゾンに移動するので、興味がある方は値段をチェックしてみてね)

AKGのヘッドホン

 

Fenderのヘッドホンアンプ

 

FenderのヘッドホンアンプはBluetoothでスマホやPCに接続できるので、

例えば「YouTubeのレッスン動画」を再生しながら、

「あなたが弾いているギターの音」もヘッドホンで聞こえます。

(隣近所を気にせず、手軽に自宅で練習できるので便利♪)

 

 

アコギの場合

そしてアコースティックギターの場合なのですが、これは少し対策が必要です。

 

そもそも音が大きく鳴るようにつくられているので、

手っ取り早く音を小さくしたい人は

サウンドホール(アコギのボディの穴)に「サウンドホールカバー

をつけるのがいいかな。

 

↓こういうの。

(画像をクリックするとアマゾンに移動するので、興味がある方は値段をチェックしてみてね)

 

 

ライブでエレアコを弾くときのハウリング防止用なのですが

普通に弱音効果もありますので試してみる価値はありますよ。

 

あとは、練習する場所を少しかえて

「ユニットバス(お風呂場)」でギターを弾く

という作戦もあります。

 

「ユニットバスの空間」は、

小さな部屋のように壁で囲まれているので

部屋の中にもう1つの部屋がある「壁が2重のつくり」になっています。

 

なので、多少の防音効果があり、

「弾き語り」や「ボイトレ」の練習をする人の話を

ちらほら聞きます。

そして昔々、実は私もやっていました(笑)

 

ギター好きのみなさんは、練習するにもいろいろ苦労しているんですよね~。

 

これらはあなたの参考になるか分かりませんが、

気になる人は試してみてください。