映画「レザボア・ドッグス」のテーマ曲【Little Green Bag/ジョージ・ベイカー】(ギターの遊び方)

映画「レザボア・ドッグス」のテーマ曲

【Little Green Bag/ジョージ・ベイカー】の弾き方を解説します!

 

「レザボア・ドッグス」は、ご存じタランティーノの初期の作品。
【Little Green Bag】は、黒スーツの男達が歩っている有名なシーンで流れている曲です。

 

(久しぶりに観たらかっこ良かったので、映画を観ながらギター片手に耳コピ)

 

オリジナルは、ベースラインからはじまるのですが、
かっこいいフレーズだったのでギターで弾いてみました♪
シンプルですが、かっこいいので弾いてみよう!

 

 

映画「レザボア・ドッグス」のテーマ曲【Little Green Bag/ジョージ・ベイカー】ギター初心者レッスン

 

 

弾き方ですが、動画の画面上にあるタブ譜を参考にしてくださいね♪

ちょっとしたポイント

ベースライン(ベースのフレーズ)をギターで弾く時は、
ギターの3、4、5、6弦を使います。
(3、4、5、6弦をオクターブ下げたのがベースの音域)

 

なので、動画で話しているように「ベースラインをギターで弾く場合」は、
ベース(ベーシスト)とは少し弾き方が変わる場合もありますので
豆知識として知っておくと便利です。
(ベースとギターのユニゾンで曲を弾くような時は、同じ弾き方の方がいいけど)

 

 

ちょっとした耳コピのコツ

そしてメロディーですが、
簡単に説明すると「Gメジャースケール」で弾けます。
(動画上のスケール表を参考に!)

 

今回の曲に限らず「好きな曲を耳コピ」するときって、
気合を入れて「曲を何回も聴きながらギターで音を探さなきゃならない」ので
結構面倒くさいじゃないですか?

 

でも「スケールの知識」を知っていると、
最初からメロディーのだいたいの目星がつけられるので
漠然と音を探して耳コピするよりも
はやく耳コピができるようになります♪
(コード進行の知識を知っていると、もっとはやくなるよ!)

 

ちなみに、メロディーが「Gメジャースケール」で弾けるということは、
ギターソロも「Gメジャースケール」で弾けるということになります。

 

なので、ギターソロを弾くための「運指練習」でスケールのポジションを弾くのもいいのですが
時々「このスケールは、どうやって使うのだろう?」と考えてみるのも
いろんな発見があって勉強になりますよ♪

 

「レザボア・ドッグス」
 ↓
「イントロのかっこいいベースライン」
 ↓
「Gメジャースケール」
と連想ゲームのように話が進みましたが(笑)
今回は、ちょっとした「ギターの遊び方」の紹介ということで。

 

映画を観ていて「気になる曲」があったら
一回見終わった後に、もう一度見直して曲を調べてみると
映画を2度楽しめますよ♪
お試しあれ!