【Rock and Roll/LED ZEPPELIN】レッド・ツェッペリンのロックン・ロールの弾き方を解説!(TAB譜有)

広告

Rock and Rollを弾いてみよう!

 

ロックギター初心者のために、

【Rock and Roll / LED ZEPPELIN】
(ロックン・ロール/レッド・ツェッペリン)

の弾き方を解説している動画講座です。

 

ジミーペイジが弾いているロックン・ロールのリフは、

時代をこえてかっこいいリフの1つですね~。

 

この機会にロックン・ロールを弾いてみよう!

 

Rock and Rollの弾き方(解説動画)

ロックギター初心者講座【Rock and Roll/LED ZEPPELIN】レッド・ツェッペリンのロックン・ロールの弾き方を解説!(TAB有)

 

 

 

動画の画面上に「TAB譜」を表示してあるので、

ギター初心者でも弾きやすいと思います。

 

広告

かっこよく弾くポイント!

 

リズムにのせてタイミング良く弾けるように

常にオルタネイト・ピッキング(ダウン・アップ)で弾く!

 

弾いてみると分かるのですが

ダウンのみで弾くと曲のスピードについていけません。

ダウンとアップがごちゃごちゃになると

タイミングがズレます。

なので、常にダウン・アップ、ダウン・アップ・・・と弾きましょう!

 

そして、Rock and Rollのコード進行ですが、

動画でも話したとおり、昔ながらの3コードブルース進行になります。

イントロのコード進行が↓これ。

||A7 |A7 |A7 |A7 |
|D7  |D7 |A7 |A7 |
|E7  |E7 |A7 |A7 ||

※王道の12小節ブルース進行ですね。

 

そして、歌パートのコード進行が↓これ。

||A7 |A7 |A7 |A7 |
|A7  |A7 |A7 |A7 |
|D7  |D7 |D7 |D7 |
|A7  |A7 |A7 |A7 |
|E7  |E7 |D7 |D7 ||

※これは、イントロのコード進行の長さを倍にしたイメージかな。

 

という訳で、Rock and Rollは

「3つのコード」にあわせてリフをつくっています。

 

実はかっこいい曲を分析していくと、

意外とシンプルなコード進行の場合が多いのですね~。

 

こういうプチ情報を頭の片隅に覚えておくと

将来、あなたが作曲をする時に、

曲をつくるアイデアやヒントになりますよ♪

 

【かっこいいギターの弾き方】に、興味ありますか?
↓おすすめです!
『簡単ステップ式』だから、すぐ弾ける♪
JOYMUギタースクール

会員限定オンラインレッスンのログインページ…

広告