ブルース思考【Little Wing/ジミヘンドリックス 編】どんな曲でも「上達する!アドリブソロが弾ける!アレンジできる!」方法【ギターレッスン】

 

ブルース思考【Little Wing(リトルウイング)編】を解説します♪

ジミヘンのLittle Wingが弾けると、かっこいいですよね~。

でも、ちょっと難しそう…。

わかります。その気持ち。

 

「かっこいい」と感じる曲は、難しいことが多々あります。

そんな時は、ブルース思考を使って「弾き方をシンプル」するのがオススメ。

簡単に弾けるようになりますよ(^^)

 

ブルース思考は、

どんな曲でも「上達する!アドリブソロが弾ける!アレンジできる!」方法です。

 

今回は、例として4コードの曲「Little Wing」を題材にし、

コードの弾き方
ギターソロの弾き方
コードオブリの弾き方
アレンジ方法

などをレッスンしていきます!

 

ギターを練習していて「行き詰まったり」「壁にぶつかった時」は、

動画で解説している「ブルース思考」を思い出して乗り切ってくださいね。

 

 

Little Wingのコード進行

||Em |G    |Am |Em |

|Bm |Am    |G /F |C /D |

|D   ||

※このコード進行を繰り返し。

 

アドリブソロやコードオブリなどを入れて、アレンジして弾きたい場合は、

「Eマイナースケール」

「Eマイナーペンタトニックスケール」

「各コード(Em、G、Am、Bm、F、C、D)のコードトーン」などを

コードストロークにプラスして(付け加えて)弾きます。

(他にも「付け加えられるスケール」や「アレンジのやり方」は、たくさんあるので試してみて♪)

 

練習のポイント!

難しくて弾けないパートは、ひとまず簡単バージョンで弾く!

Little Wingに限らず「かっこいいけど難しい曲」が弾けない1番の理由は

「難しい曲を難しいまま弾こうとする」からです。

 

完コピを目指し、最初からタブ譜とにらめっこして弾くのもいいのですが、

そうすると途中で難しくて挫折することもあると思います。

 

そんな時は、少し考え方を柔軟にして、

難しくて弾けないところは、とりあえず簡単バージョン(コードだけ)で弾いてみる!

 

もちろん完コピじゃなくなるので、「かっこ良さ」は半減するでしょう。

でも、弾けなくて、嫌な気持になり、挫折するよりは全然マシです。

せっかく途中まで練習したのに、諦めるのはもったいないでしょ?

 

ひとまず、難しくて弾けないところは、簡単バージョンで弾いて

そこに、あなたが知っている『テクニック』『知識(スケールなど)』を

少しずつプラスして(付け加えて)、最後まで弾いていきます。

 

その後、簡単バージョンで最後まで弾くのに慣れてきてから

最初に挫折した「難しいパート」に再挑戦すると、意外と簡単に弾けるようになります。

 

今、話している内容は「当たり前のこと」なのですが、

一生懸命に弾こうとすればするほど視野が狭くなって

「当たり前のこと」から遠ざかって行くのが

うまく弾けない人のよくあるパターンなのです。

 

「わかっちゃいるけど…」というやつです。

 

そんな時は少し休憩して、

「ブルース思考」を思い出してくださいね。

 

「急がば回れ」

遠回りしているようで、結局はやく弾けるようになりますよ。

 

 

>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG