【Rock And Roll Hoochie Koo】ジョニー・ウィンター・バージョンの弾き方を解説!(TAB譜有)

 

 

ロックギター初心者のために

【Rock And Roll Hoochie Koo(ロックン・ロール・フーチー・クー

(Johnny Winterバージョンの弾き方)

をレッスン動画で解説します♪

 

「Rock And Roll Hoochie Koo」はクラシックロックで、

今までいろんなミュージシャンがカバーしています。

 

今回はジョニー・ウィンターのバージョンね。

 

イントロからサビまで、リフばっかりで、

弾きまくるタイプのロックギターです♪

 

↓この曲。

【Rock And Roll Hoochie Koo/Johnny Winter】

 

 

動画の音源では「ギター2本」で弾いているんだけど、

今回解説するのは「音源の右側」で弾いているギターね。

 

たぶん、

「音源の右側」で聴こえるのがリードギターで、

「音源の左側」で聴こえるのがサイドギターかな。

 

↓が【Rock And Roll Hoochie Koo】の弾き方です♪

 

 

 

動画で説明したように

【イントロ】【間奏】【Aメロ】【Bメロ】

を組み合わせると最後まで弾けます。

 

ソロは、最初の方がAマイナーペンタで弾いていて

途中からAメジャーペンタを混ぜて弾いているイメージかな。

詳しい話は長くなるので、ソロに関しては、また今度ということで(^^)

 

それと↓をクリックするとTAB譜がみれます。参考にどうぞ♪

Songsterr Tabs with Rhythm

(クリックすると、海外の英語サイトに移動します)

 

ちなみに、このサイトは、

ページの右側にある「三角形の再生ボタン」を押すと

「ギターの音」を聴きながら

TAB譜をチェックできるのですごく便利です(^^)

 

まあ、TABが間違っていることも、ちょくちょくあるのですが(笑)

そこは頑張って耳コピして修正しましょう♪

 

無料でこのクオリティは十分すごいですし、

かなり使えますよ!

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG