let-it-be-one-finger-copy

ビートルズの名曲【Let It Be(レット・イット・ビー)】は『ドレミファソラシド』で弾けるの知ってる?ギター初心者が指1本で簡単に弾ける方法、スケール、ソロの解説!

blues lesson otamesi11

 

ギター超初心者のために

ビートルズの名曲【Let It Be(レットイットビー)】

を「指1本で弾ける」ように簡単にアレンジした

動画講座です。

 

とりあえず、1番だけね。

 

ビートルズの「Let It Be」は、誰もが一度は聴いたことがあるでしょう。

シンプルですごく良いメロディーなのはもちろん、

実は初心者にとっても比較的簡単に弾ける曲なのです。

 

まさに、「シンプル イズ ベスト」の代表曲。

 

まずはギターを弾いて楽しんで下さい♪

 

【Let It Be/ビートルズを指1本で弾いてみよう!】

 

少し練習して弾けるようになったら、

↓の練習用カラオケ(Backing Track)に合わせて弾いて遊んでくださいね。

楽しいですし、弾くタイミングやリズム感の練習にもなりますよ。

 

【Let It Be練習用カラオケ/Backing Track】

================================

指1本でLet It Beを弾くのに飽きたら、

次は簡単コードで「Let it Be」を弾いてみよう!

↓を今すぐクリック!

【Let It Beを簡単コードで弾く方法!】

================================

 

 

なんと!「Let It Be」のメロディーは、

「ドレミファソラシド」でつくられているのですね~。

ということで、ギターソロも「ドレミファソラシド」で弾けるのです♪

 

※実際には「Cメジャースケール(ドレミファソラシド)」よりも2音少ない、

「Cメジャース・ペンタトニックケール(ドレミソラド)」で

ギターソロを弾いています。

(動画のギターソロは「どういう風に弾くのか?」を説明するために

適当に即興で弾いただけなので、ソロの弾き方の解説はまたの機会に)

 

CメジャースケールやCメジャーペンタトニックケールのポジションを覚えると

今後ギターソロを弾くときに役立つのでおすすめですよ。

(Let It Beに限らず、他の曲を弾くときにもかなり応用できます)

 

↓が動画で説明した、ギター指板上にあるCメジャースケール

(ドレミファソラシドね)

c-major4

※これだと音数が多すぎて覚えるのが大変なので、

「ギター指板上の音を縦に5つのポジションに区切って覚える」と覚えやすい。

それを「5(ファイブ)ポジション」と呼びます。

 

↓が実際に指1本で弾いた、Cメジャースケールの5ポジションのうちの1つ。

【Cメジャースケール・ポジション①】

c-major-open

 

 

↓がギター指板上にあるCメジャース・ペンタトニックケール(ドレミソラドね)。

c-major-penta3

※これも音数が多すぎて覚えるのが大変なので、

「ギター指板上の音を縦に5つのポジションに区切って覚える」と覚えやすい。

「5(ファイブ)ポジション」ね。

 

↓がギターソロで使ったCメジャー・ペンタトニックスケールの5ポジションのうちの3つ。

【Cメジャー・ペンタトニックスケール・ポジション①】

c-maj-penta-1

【Cメジャー・ペンタトニックスケール・ポジション②】

c-maj-penta-2

【Cメジャー・ペンタトニックスケール・ポジション③】

c-maj-penta-3

 

 

ざっとスケールに関する話をしましたが、もっと詳しく知りたい人は

↓の記事を参考に。

ギターのスケールってどういう意味?【初心者でも簡単にわかる音楽理論1/4】

 

最初から無理にスケールを覚える必要はないので、

「ギターは難しい・・・」と挫折しそうな初心者は、

とりあえず動画と一緒に「Let It Be」を弾いて遊んでください。

ギターは、楽しいですよ♪

 

 

===================================
ギター初心者【すぐ上達する方法】に興味ありますか?
【期間限定】【無料】公開中!

詳細は↓を今すぐクリック!

【ギター初心者のためのオンライン無料レッスン♪】
===================================

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>