ビートルズ【Get Back(ゲット・バック)】を一緒に弾こう♪バッキング、リフ、コード、ソロの弾き方、遊びながら上達する練習方法を解説!

 

 

【Get Back/The Beatles】
(ゲット・バック/ビートルズ)
の弾き方を動画で解説します!

 

曲構成はシンプルなので、ギター初心者でも簡単に弾けますよ。

さっそく、動画と一緒に弾いてみよう♪

 

 

 

ビートルズのGet Backは、今でも人気の曲ですよね~。

 

シンプルですし。

4コードですし。

 

実際は、バッキング、リフ、オブリ、ソロなんかもあるので

「4つのコードだけ」では弾けないのですが、

コードでいえば「4コード」とも言えます。

 

これって何かに似ていると思いませんか?

 

少し考えてみてください。

 

「チクタク、チクタク」
(時計の音)

 

 

分かりましたか?

 

 

 

正解は、3コードの「ブルース」です!

 

Get Backはブルースと
まったく同じ手法というか
アレンジの弾き方なのです。

 

ブルースも一般的に「3コードで弾ける」と言われるのですが、

その中にはバッキング、ターンアラウンド、オブリ、ソロなど

いろんな要素が入っています。

 

それらを

「どう料理(アレンジ)して弾くか?」

によって

演奏が、かっこ良くなったり、ダサくなったりします。

 

ブルースもGet Backも

「コードだけ」では

かっこ良く弾けないんですね~

(まあ、一応かっこ悪くてもよければコードだけで弾けますけど)

 

こうやってギターを弾く時に

「曲の構成」「弾き方」を一歩踏み込んで考えてみる

いろんなことに気づきます。

 

いろんなことに気づきはじめると

ギターが上手くなるんですね~

 

そして、ここの景色が見えてくると

ギターがもっと面白くなります(^^)

 

そうそう、Get Backの練習方法ですが

初心者の方は、まずバッキング、リフ、コードを練習してください。

 

ちなみに、アコギでも同じように弾けます。
(ソロはちょっと難しいかな)

 

画面に「コードの押さえ方」や「スケール表」があるので

まあまあ簡単に弾けますよ♪

 

「バッキングの弾き方」がよく分からない人は↓を参考に。

 

【クロスロードのバッキング弾き方】

 

 

 

【ブルースバッキング初級編】

 

 

曲が弾けるようになると純粋に楽しいです。

Get Backを弾いて存分に楽しんでください♪

 

それで、脱初心者を目指している方は

動画の後半部分で紹介している

「遊びながら上達する練習方法」をチェックしてください

 

ここでは、

「どう料理(アレンジ)して弾くか?」

アイデアをいくつか紹介しています。

 

参考にできるところがあれば即効でパクって

あなたの演奏に取り入れて

さも自分で思いついたかのように

友人に自慢して楽しんでください♪

 

アレンジの方法は

もっと沢山の種類があるので

アイデアの盗み方に慣れたら

いろんな曲からパクって

あなた好みの弾き方で

楽しんでくださいね。

 

では、楽しいギター生活を!

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG