【Born To Be Wild(ワイルドでいこう)/Steppenwolf】の弾き方を解説!1970年代映画「Easy Rider(イージーライダー)」の主題歌。

 

ロックギター初心者の練習曲です!

 

洋楽ロックの名曲

【Born To Be Wild(ワイルドでいこう)】

の弾き方(コードの押さえ方、リフの弾き方など)を動画で分かりやすく解説します♪

 

有名な曲なので説明しなくてもご存知の方が多いとは思いますが、

一応説明すると、

「Born To Be Wild(ワイルドでいこう)」は

Steppenwolf(ステッペンウルフ)の曲で、

1970年代の映画「Easy Rider(イージーライダー)」の主題歌でもあります。

 

今までCM、映画などいろんなメディアで使われている曲なので、

誰もが一度は聴いたことがあるでしょう。

 

特にイントロのリフは、ロックギターな感じでカッコ良いですね~。

(映画好きなら、デニス・ホッパーがハーレーに乗っているシーンを思い出すはず)

 

シンプルなコード進行なので、ギター初心者でもそんなに難しくないです。

 

一応、動画にもコードの押さえ方を載せていますが、

このページの下にもっと詳しい押さえ方を書いておきます。

 

初心者でも分かりやすいように、原曲よりもゆっくりなテンポ110で弾いていますで、

動画と一緒に弾いて練習してください。

 

【Born To Be Wildの弾き方】

 

 

ここからは、補足説明です。

 

「Born To Be Wild」の曲構成

 

【イントロ】

1番 【Aメロ】【Bメロ】【Cメロ】

2番 【Aメロ】【Bメロ】【Cメロ】

ソロ① 【間奏1】【間奏2】

3番 【Aメロ】【Bメロ】【Cメロ】

ソロ② 【ラスト】

 

 

↓が、使うコードと、押え方。

born to be wild1

born to be wild2

 

「イントロ」や「Aメロ」では、Eバレーコードをベースにリフがつくられています。

 

ちなみに、「ロックンロールパターン」は1と2を合わせて1つのフレーズ。

これは、チャック・ベリーの「ジョニー・B・グッド」などでお馴染みのロックンロール・パターン。

初心者は、小指をストレッチ(広げる)のが最初は難しいかも。

 

 

born to be wild3

 

「Bメロ」「Cメロ」の「GとAコード」ですが、

動画ではシェクハンド(握るタイプ)で弾いていますが、もちろんバレーコードでもOK!

押えやすい方で弾いてくださいね。

 

「Bメロ」の「Eコードのオブリガートの弾き方」は↓です。

※ f=フレットの意味

オブリ1
6弦開放/ 4弦14f→2、3弦の12f ×2回

オブリ2
6弦開放/ 1、2弦の12f→3弦14fチョ-キング→プリングで3弦12f→4弦14f→3、4弦の開放

オブリ3
6弦開放/ 1弦12fと2弦15fチョーキングを同時に弾く ×2回

 

 

参考までに↓オリジナルです。

【Born To Be Wild-Steppenwolf】

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG