ギター超初心者におすすめ!【ルパン三世のテーマ曲】を指1本で弾こう!

 

ルパン三世のテーマ曲を、

ギター超初心者でも簡単に「指1本で弾ける」ようにアレンジしている動画講座です♪

 

一応、動画上に初心者でも分かりやすいtab(タブ)譜を、指の動きと一緒に載せています。

 

「ギターは難しい・・・」と挫折しそうな初心者は、

とりあえず動画と一緒に「ルパン三世のテーマ曲」を弾いて遊ぶことを

おすすめします。

 

ギターは楽しいですよ♪

 

 

 

【ルパン三世のテーマ曲を、ギターで指1本で弾こう!】

 

 

 

ここからは、補足の説明。

 

「ルパン三世のテーマ曲」の曲構成を分かりやすく説明すると、

【Aメロ】【Bメロ】の2つのパートで構成されています。

 

Aメロは「Aパート、最初のメロディー」

Bメロは「Bパート、サビ、盛り上がるところのメロディー」など

説明する人や教則本によっていろいろ呼び方はありますが、どれも同じような意味です。

 

そして、TVや映画でよく聴く「ルパン三世のテーマ曲」は

【Aメロ】→【Aメロ】→【Bメロ】→【Aメロ】

の順番で構成(演奏)されています。

 

しかし、指1本バージョンでこのまま全部弾くとちょっと長いので、

今回YouTube動画では、

【Aメロ】→【Bメロ】→【Aメロ】

の構成で弾いています。

 

なので、実際に弾くときは、自分の好きな組み合わせで弾いて遊んでください♪

 

次に弾き方ですが、初心者の方でも弾きやすいように、

【Aメロ】は2弦のみ

【Bメロ】は1弦のみ

で弾けるようにアレンジしています。

 

楽譜やタブ譜だと、ギターを買ったばかりの初心者は読み方が分からないと思いますので

今回は押えるフレット(f)だけを記載します。

 

メロディーを細かく分けて、順番に押えるフレットをまとめていますので、

指を動かすタイミングなどは、動画を観ながらマネするのがおすすめです。

 

 

【Aメロ】の弾き方(押えるのは「2弦」のみ)

※f = フレットの意味(押えるフレットね)

①1f→4f→1f→6f

②8f→4f→1f

③1f→4f→1f→6f

④8f→4f→6f→1f

⑤6f→6f→13f→11f

⑥6f→8f→9f→6f

⑦6f→13f→11f

⑧8f→4f→6f

①~⑧までを順番に弾くと、【Aメロ】のメロディになる。

 

【Bメロ】の弾き方(押えるのは「1弦」のみ)

①13f

②9f→6f→3f→11f→11f

③8f→9f→11f→13f

④18f→15f→13f→13f→11f→11f

⑤8f→11f→9f→8f→6f

⑥6f→9f→8f→6f→4f

⑦3f→8f→11f→13f

⑧16f→15f→13f→12f→13f→15f

①~⑧までを順番に弾くと、【Bメロ】のメロディになる。

 

PR

 

◆練習のポイント!

①まず動画を観てメロディーをチェックした後

②押えるフレット(f)を覚えて、自分で弾く練習をする。

③慣れてきたら、動画と一緒に弾いて、弾くタイミングを覚える。

 

 

ギターはそんなに難しくないでしょ?
Name
こうやってギターで遊んでいると、知らない間にどんどん上達していくんだワン♪
最後にギター上達の秘訣を教えるね
わん♪

ギター超初心者が1番はやく上達する方法は、

最初から難しい曲に挑戦するのではなく

とにかく簡単でもいいからたくさん弾いて

ギターを楽しむこと♪♪♪

 

そうすると

ギターに触る回数が増えて、

弦を押さえることや、

ピックで弾くことに慣れていき

音も綺麗に鳴るようになって、

楽しくてもっとギターを弾くようになります。

 

そして、結果的に上手くなるという

考えてみると当たり前で単純な話なんだけどね(^^)

 

ある程度ギターを楽しんでから

コードを押さえる練習をした方がはやく上達しますよ♪

 

さあ、「指1本」でもっとギターを弾いてみよう!

 

次は、どの曲を指1本で弾いてみる?

 

【指1本で弾ける曲シリーズ】

 

 

指1本で弾くのにそろそろ飽きてきた?

 

そんなあなたは↓のコード弾きに挑戦だ!

超オススメ!【ビートルズの名曲「Let It Be」の弾き方を徹底解説!】
(簡単なコード→普通のコード→アルペジオ→弾き語りのコツを順番に解説)

関連記事

// //   ギター初心者のためにビートルズの4コードで弾ける名曲【Let It Be(レットイットビー)】の弾き方を徹底解説します! 動[…]

 

PR
最新情報をチェックしよう!
>「毎月レッスン・コース」

「毎月レッスン・コース」

ブルース・ロックが好きな大人のあなたへ。
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
逆に考えると、ブルースが弾ければ、なんでも弾けるようになります。
シンプルなので「バッキング」「ソロの弾き方」「弾き語り」の練習にピッタリですし、応用もしやすいです♪この機会に弾いてみませんか?

CTR IMG