【Don’t Let Me Down/The Beatles(ドント・レット・ミー・ダウン/ビートルズ)】ギター1本でコード、メロディー、ソロをかっこ良く弾く方法、上達する練習方法を解説♪【ギター脱初心者レッスン】

 

【Don’t Let Me Down/The Beatles】
(ドント・レット・ミー・ダウン/ビートルズ)

1.ギター1本でコードとメロディーをかっこ良く弾く方法
2.ソロの弾き方
3.上達する練習方法
4.弾き語り用の簡単なコード進行

を解説します!

 

Don’t Let Me Downは、ビートルズの数ある名曲の1つですよね~。

 

簡単にアレンジすると「3コード」で弾けるのですが、、、

動画のようにかっこいいアレンジにすると

「6コード」+「スケール」などの知識が必要です。

 

なので、今回はどちからと言うと「脱初心者向け」のレッスンかな。

まあ、練習ということで「初心者→中級者」を目指している人は挑戦してみてくださいね♪

 

ちなみに、アコギでも弾けますよ♪

 

動画と一緒に弾いてみよう!

 

 

 

◆コード進行

 

【イントロ】

※動画の画面上にあるタブ譜を参考に!

【Aメロ】

||F#m  |F#m   |E       |E       |

|F#m   |F#m   |E       |E       ||

 

【Bメロ】

||F#m7  |F#m7   |EM7   |EM7   |

|F#m7   |F#m7   |EM7   |EM7   ||

【Aメロ】

||F#m  |F#m   |E       |E       |

|F#m   |F#m   |E       |E       ||

 

【Cメロ】

||E       |E        |B       |B       |

|B7     |B7     |E       |E       ||

【Aメロ】

||F#m  |F#m   |E       |E       |

|F#m   |F#m   |E       |E       ||

 

【Bメロ】

||F#m7  |F#m7   |EM7   |EM7   |

|F#m7   |F#m7   |EM7   |EM7   ||

【Aメロ】

||F#m  |F#m   |E       |E       |

|F#m   |F#m   |E       |E       ||

【ソロ】

||F#m  |F#m   |E       |E       |

|F#m   |F#m   |E       |E       ||

 

※簡単に弾き語りしたい初心者は

「F#m7→F#m」「EM7→E」「B7→B」に変更すると3コードで弾けます♪

 

※《【Aメロ】→【Bメロ】の切り替わるところ》や《【Bメロ】》

「拍数が不規則になる瞬間がある」のでバンドなどで演奏するときは注意しよう!

(歌詞に合わせて「4/4拍子」と「5/4拍子」が存在するイメージかな)

 

 

◆曲の構成

【イントロ】【Aメロ】【Bメロ】/【Aメロ】【Cメロ】/【Aメロ】【Bメロ】/

【Aメロ】【ソロ】

 

※曲の構成が分かりやすいように、

順番に【Aメロ】【Bメロ】【Cメロ】と表記しましたが、

【Aメロ】がサビのようなイメージね。

 

 

◆練習のポイント!

今回は少し趣向を変えて、

「ひとりでコードとメロディーを弾くアレンジ」にしてみました。

 

ちょっとした「ギターの遊び方研究」です(^^)

 

弾き語りをしたい方は、

簡単にすると「3コードで弾ける」ので楽しんでください♪

(かっこ良く弾くには6コード必要だよー)

 

それで、動画のように曲を少しアレンジして弾きたい場合ですが、

いくつか「アレンジをしながら練習するコツ」というのがあります。

 

(曲はDon’t Let Me Downじゃなくても、例えば、、、

あなたが好きの曲を「ひとりでギター1本」で弾きたい場合とかに役立つコツね)

 

 

曲を「ギター1本」で弾く場合の「8つのコツ!」

 

1.まず曲全体のリズムをつかむ

どんな曲でも、これが基本!

 

2.コード進行を覚える

曲の構成をつかむ!

 

3.メロディーを覚える

「コード」と「メロディー」の関係性(曲の骨格)をチェックする!

 

4.リフやベースラインなどを覚える

曲の盛り付け部分をチェックする!

 

5.「1~4」まで全部覚えた上で、ギターでどうやって弾くかアレンジを組み立てる

アレンジは、あなたの知識と経験と腕次第!

 

6.ドラムなどに合わせて「組み立てたアレンジ」を弾いてみる

 

7.組み立てたアレンジから「必要ないパート」を削ぎ落す

これ、すごく大事!ここでミュージシャンのセンスが決まるよ。

 

8.「5~7」を繰り返してアレンジをブラッシュアップする

 

 

基本的に、この順番で練習(アレンジ)すると、どんな曲でも「かっこ良く」弾けます。

 

なので、ギター1本で弾きたい人は「ギター1本で弾けるようにアレンジ」すればいいし、

バンドでギターを弾きたい場合は、そういうアレンジをするってことね。

 

ちなみに、どんな曲を弾くときにでも「この順番で弾く習慣」をつけると、

ギターがめちゃくちゃ上達しますよ。

 

というか、わたしはいつもこうやってギターを弾いてる訳なのです(^^)

 

もちろん、「コード」や「スケールの知識」や「テクニック」は必要になるので

弾けるまでの時間はそれ次第ですけど。

 

たぶん、

ギター初心者は「1」と「2」で曲を覚える練習

をする人が多いでしょ?

 

それで、

ギター中級者は「1~2」はすぐできるので「3~6」でギターやバンドのアレンジ

を考える人が多いかな。

 

そんでもって、

ギター上級者は「1~6」までを15~30分くらいでさくっと終わらせた後に、

「7~8」でブラッシュアップしてアレンジのクオリティを上げていく

イメージですかね。

 

わたしの場合は、この順番に加えて

どんな曲を弾くときでも「すべてブルースからの応用」なので

曲を一旦シンプルに分解して、再構築しているだけです。

(簡単に言うとね)

 

ブルースって「音楽ジャンルの1つ」と捉えている人が多いと思いますが、

深掘りすると「それだけではない」のですよ。

 

ブルースは、

そもそも構成がシンプルなので、

ちゃんと「音楽的な本質」を理解さえすれば

こうやって他のジャンルの曲にも応用しやすいのです♪

(便利でしょ)

 

なので、ブルースを練習している方は

少しずつ「こういう考え方」で曲を弾く習慣もつけると

ギターがもっと上達しますよ♪

 

↓無料でブルースレッスンを受講してみる?

アメリカで本物のブルースマンから学んだ「BLUESギターの弾き方」を【期間限定】で【無料公開】します! 興味がある人は、…

最新情報をチェックしよう!
>ブルースギター無料レッスン!

ブルースギター無料レッスン!

【期間限定】で【無料受講】できます!
ご存知だとは思いますが、ロックやジャズのルーツは「ブルース」です。
ですので、ブルースが弾けると当然ロックやジャズも弾けるようになります。
しかも、ブルースは構成がシンプルなので、ギター初心者が「バッキング」「弾き語り」「ソロの弾き方」「アドリブソロ」を学ぶときに簡単に理解しやすい特徴もあります♪
この機会に、無料で『かっこいいブルースギター』を弾いてみませんか?

CTR IMG