【Long Train Running(ロング・トレイン・ランニング)/ドゥービー・ブラザーズ】でカッティングを弾こう!(解説動画)

 

ドゥービー・ブラザーズの

【Long Train Running(ロング・トレイン・ランニング)】

かっこいいカッティングの弾き方を動画で解説します!

 

イントロのカッティングは超有名ですよね~♪

 

たぶん曲名を知らなくても聴いてみたら

「あっ、これね!」

となる人は多いはず。

 

こういう曲って

イントロがはじまった瞬間に

脳からアドレナリンがでる感じがしませんか?

 

そんなロング・トレイン・ランニングですが、

実は意外と簡単に弾けるのです♪

 

イントロから歌メロまでの弾き方を紹介していますので

この機会にカッティングを練習してみよう!

 

 

【Long Train Runningの弾き方】

 

 

◆Long Train Runningのコード進行

 

【イントロ】

||Gm7    |Gm7     |Gm7     |Gm7     ||

【Aメロ】

||Gm7      |Gm7             |Gm7       |Gm7       |

|Cm7       |Cm7              |Gm7       |Gm7       |

|E♭         |Dsus4 /D      |Gm7      |Gm7      ||

【間奏】

||Gm7    |Gm7     |Gm7     |Gm7     ||

 

 

◆曲の構成

【イントロ】【Aメロ】【間奏】/【Aメロ】【Aメロ】【ソロ(Aメロ)】

【Aメロ】【Aメロ】【Aメロと間奏をミックス】・・・

 

※【Aメロ】は3番以降ブレイクを入れたり、弾き方をかえたりしていますが

コード進行は同じ。

※ラストは【Aメロ】と【間奏】をミックスして

コード進行のパターンを少しだけ変えています。

たぶんライブや時代によって違ったりすると思うけど。

 

 

◆練習のポイント!

こういう「カッティング系の練習」をするときは

ドラムビート」や「ドラムマシーン」が必須です。

 

なぜかというと、

弾き方も大切なのですが、、、何よりも

【リズムにのって弾くこと】

1番重要なポイント!だからです。

 

BLUESギターオンラインレッスンを受講している方は、

何度も何度もお伝えしていて

「もう、わかったよ!」

と思っているかもしれませんが、

ギターを弾くうえで

テクニックや理論よりも

何よりも重要なことなので

何度でも言います(笑)

 

ブルース「シャッフル」

ロング・トレイン・ランニング「16ビート」

 

リズムのタイプは違いますが、どちらも基本は同じ。

まず最初に足やカラダでリズムにのって、感じて

その後にギターを弾くこと!

 

 

ちなみに、わたしがいつも使っているドラムビートは

「Drum Beats+」というスマホのアプリです。

 

アンドロイドでもiPhoneでも

検索すればすぐ見つかると思います。

500円くらいだったかな。

 

いろんな種類のドラムパターンが入っているので

練習に便利です。

何より操作が簡単なのがグッド!

 

YouTubeの動画で使っているのも「このアプリ」ですし、

個人レッスンでは、いつもスタジオのミキサーにスマホをつないで

「Drum Beats+」のリズムを流しレッスンをしています♪

 

ロング・トレイン・ランニングで

カッティングを楽しんでくださいね!

 

 

 

===================================
◆ロックやジャズのルーツ『ブルース』で
リズム感あるかっこいいギター簡単弾ける方法
に興味ありますか?

【期間限定】【無料】公開中!

詳細は↓を今すぐクリック!
blues lesson otamesi6

楽器店やア○ゾンで3980円で販売されている
「DVD付きブルース教則本」くらいの内容です。
===================================

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です