crossroads

ロックギター初心者講座!ジャムセッションでよく演奏する【Crossroads/Cream(Eric Clapton)】の弾き方を解説![Tab有]


サウンドハウス


 

ロックギター初心者のために

【Crossroads/Cream(Eric Clapton)】

の弾き方を解説している動画講座です。

 

ロック好きにはお馴染みの曲ですね。

 

Cream(Eric Clapton)バージョンのCrossroadsは、

ブルースロックのジャムセッションでよく演奏する曲なので、

「今後、ジャムセッションで演奏してみたい!」という人は

とりあえず覚えておいたほうがいいですよ。

 

 

【Crossroadsの弾き方を解説!(動画上にTab有)】

 

Crossroadsは、基本的に3コードの12小節ブルース進行。

そんなに難しくないと思います。

なので、ジャムセッション初心者の練習には最適かな。

 

↓が「イントロ」のコード進行。

||A7   |A7    |A7    |A7    |

|D7   |D7    |A7    |A7    |

|E7   |D7    |A7    |A7    ||

 

↓が「歌パート」と「ソロパート」のコード進行。

||A7   |D7    |A7    |A7    |

|D7   |D7    |A7    |A7    |

|E7   |D7    |A7    |A7    ||

※この12小節を何回もくり返す。

 

「イントロのコード進行」と「歌パート(ソロパート)のコード進行」は

「2小節目のコード」が違うだけで、ほとんど同じ。

 

ジャムセッションでソロを弾いて遊ぶ時は、

ソロパートのコード進行を何回もくり返して弾きます。

 

ひとりがバッキングを弾いている間は、

もうひとりがソロを弾いて、

ソロが弾き終わったら、今度はバッキングを弾いて、ソロを交換する。

これが、オーソドックスなジャムセッションの遊び方。

 

今回はバッキングの弾き方を解説していますが、

慣れてきたらスケールも覚えてソロに挑戦しよう!

 

↓が動画で説明したスケール。

【Aマイナー・ペンタトニックスケール】

A minor penta3

 

【Aメジャー・ペンタトニックスケール】

A Major pentatonic scale

 

これだとスケールを覚えるのが大変だから、

スケール表を5つに区切って「5ポジション」で覚えるのがポイント!

【ペンタトニックスケールの5ポジションの覚え方】はここをクリック!

 

ソロの弾き方ですが、詳しく解説するとかな~り長くなるので、またの機会に。

 

↓の記事でソロ・フレーズをいくつか解説しているので参考にどうぞ。

【ソロの弾き方】

(Keyが違う場合は、Key-Aに変換すれば使えます)

 

又は、このブログの「カテゴリー」から、

「ソロに挑戦」の「1.ソロの弾き方/アドリブ/遊び方 」をクリックすると

いろんなソロの弾き方を解説した記事が探せますよ。

 

 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>